Excelで、ハイパーリンクができなくなった場合の対処法は?

2019/11/21

ITスキル

クリックするだけでWebページにアクセスしたり、特定のファイルを開いたりできる「ハイパーリンク」は、作業を効率化するのにとても役立つ機能です。

今回の記事では、ハイパーリンクの設定や編集ができなくなってしまった際の対処法を解説します。

Excel関数の基本まとめ

ハイパーリンクができなくなった場合の対処法

WebページのURLやメールアドレスなどを入力すると、ハイパーリンクが自動的に設定され、青文字に下線が引かれたスタイルで表示されます。

次の画像のように、このハイパーリンクが自動で設定されない場合は、ハイパーリンク機能が無効になっている可能性があります。

次の手順で、設定を有効にしましょう。

(1)Excelメニュー「ファイル」→「オプション」を選択

(2)「文章校正」→「オートコレクトのオプション」を選択

(3)「入力オートフォーマット」タブを選択

→「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」にチェックをつけ、「OK」を選択

(4)もう一度「OK」を選択すると、ハイパーリンク機能が有効になります。

→再度、URLを入力すると、ハイパーリンクが設定されました。

リンクの編集ができなくなった場合の対処法

セルを選択し、右クリックで表示される「ハイパーリンクの編集」/「ハイパーリンクの削除」ですが、このメニューが表示されない場合があります。

原因としては、表示形式が改ページプレビューになっていることが考えられます。

改ページプレビューの状態では、リンクの編集や解除が行えないため、次の操作で設定の確認・変更をしましょう。

(1)Excelメニュー「表示」を選択し、「改ページプレビュー」が設定されていないかどうかを確認します。

次の画像では、改ページプレビューが設定されています。

(2)設定されている場合は、「標準」を選択し、改ページプレビューを終了します。

(3)右クリックで、ハイパーリンクメニューが表示されるようになりました。

まとめ

Excelを利用する際に、使用することの多いハイパーリンクですが、ハイパーリンクを有効・無効にする設定があることや、ハイパーリンクを使用できない条件があることを知らずに使っている方も多いかもしれません。この機会にぜひ覚えておきましょう!

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

ITスキルの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]