Excelの「検索と置換」オプションで、細かな絞込みを効率的に! 活用方法を解説

2019/11/20

新生活・準備

Excelの「検索と置換」では、オプション機能を利用して、検索場所や数式、値など、より細かな条件の指定ができます。

オプション機能の使い方を覚えることで、大量のデータが入力されているExcelブックでも、効率的に作業できるようになるでしょう。

今回は、Excelの「検索と置換」に備わったオプション機能について解説します。

▼<関連記事リンク>
Excelで特定のデータを検索する方法は?
Excelで検索したセルなどに色を付ける方法について解説

Excelのオプション機能でより細かい検索ができる

Excelでは「検索と置換」にあるオプション機能を利用することで、検索場所や数式、値など、より細かな条件を指定して検索することが可能になります。

Excel 検索と置換 オプション機能 詳細検索

オプション機能による細かい検索方法について

Excelのオプション機能による細かい検索方法の詳しい使い方を紹介します。

オプション機能を呼び出すには、「Ctrl+F」を押して、「検索と置換」のダイアログボックスを表示させ、右下にある「オプション」をクリックします。

オプションにある3つの項目には、下記のものがあります。検索内容に合わせてチェックを入れましょう。

・大文字と小文字を区別する。
・セル内容が完全に同一であるものを検索する。
・半角と全角を区別する。

「検索場所」については、「シート」か「ブック」を選べるようになっています。

「シート」を選択すると、現在開いているExcelファイルが検索対象となり、「ブック」を選択すると、Excelファイルにあるすべてのシートが検索対象となります。

Excel 検索と置換 オプション機能 詳細検索

「検索方向」については、「行」と「列」を選べるようになっています。

「行」は横方向に、「列」は縦方向に検索をします。

しかし、実際には、検索結果の順番が異なるだけであり、検索結果自体は変わらないため、「検索方向」のどちらを選択しても結果は同様です。

Excel 検索と置換 オプション機能 詳細検索

「検索対象」には、「数式」「値」「コメント」の3つがあります。

・「数式」は、セルに入力された数式
・「値」は、セルに入力されている値
・「コメント」は、「コメント」に入力されている内容

Excel 検索と置換 オプション機能 詳細検索

まとめ

Excelのオプション機能には、使い方を知っておくことで、データ検索など、日頃の作業に用いることができます。

皆さんも、「検索と置換」のオプション機能を使いこなし、Excelでの検索を簡単にしていきましょう。

(学生の窓口編集部)





関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]