Excel活用術! 検索したセルなどを削除する方法について解説

2019/11/18

ITスキル

Excelでは、検索したセルを削除することが可能です。検索したセルの削除は、複数のセルを同時に削除したい場合などに利用できる便利なもの。今回は、Excelで検索したセルなどを削除する方法について解説します。

Excel関数の基本まとめ

Excelで検索したセルなどを削除できる

Excelでは、「検索と置換」の機能を利用して、検索したセルなどを削除することができます。「検索と置換」は、特定の文字列や複数ある同じ文字列などを表の中から検索し、削除ができるため、作業時間の短縮が図れて、とても便利です。

検索したセルなどを削除する方法について

ここからは、検索したセルを削除する手順を示します。

表の中から長ねぎの項目を検索し、行ごと削除します。

(1)「Ctrl+F」を押して、「検索と置換」のダイアログボックスを表示させます。
「検索する文字列」に「長ねぎ」と入力し、「すべて検索」をクリックすると、検索結果が表示されます。

Excelで検索したセルなどを削除する方法

(2)検索値が選択されたままの状態で、「ホーム」タブから「削除」を選択し、「シートの行を削除」をクリック

Excelで検索したセルなどを削除する方法

(3)検索値が行ごと削除されました。

Excelで検索したセルなどを削除する方法

表の中から「大崎」とつく店名を検索し、列ごと削除します。

(1)「Ctrl+F」を押して、「検索と置換」のダイアログボックスを表示させます。
「検索する文字列」に「大崎」と入力し、「すべて検索」をクリックすると、検索結果が表示されます。
(2)「Ctrl+A」を押し、すべての検索結果を選択

Excelで検索したセルなどを削除する方法

(3)検索結果を選択した状態のまま、「ホーム」タブから「削除」を選択し、「シートの列を削除」をクリック

Excelで検索したセルなどを削除する方法

(4)検索値が列ごと削除されました。

Excelで検索したセルなどを削除する方法

まとめ

検索によるセルの削除によって、作業時間の短縮化を図れます。特に、膨大な量のセルを削除したい場合などには、利用頻度も高くなると言えるでしょう。ぜひ、これを機会に、検索によるセルの削除を習得し、作業の効率化を図っていきたいものです。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

ITスキルの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]