Excelで検索がうまくいかない・できない場合の対処法は?

2019/11/12

新生活・準備

Excelで検索をしようとしてもうまくいかない場合のために、対処法を覚えておきましょう。検索のエラーが出た際などに、ぜひ参考にしてください。

Excel関数の基本まとめ

Excelで検索ができない

Excelで検索ができない場合の対処法を解説します。

まずはExcelの検索機能の「シート」を「ブック」を確認

検索範囲が不十分なことで検索できない可能性があります。

その場合、検索機能を選択し、表示されたダイアログボックスの「検索する文字列」に値を入力したが、検索がうまく表示されず、エラーメッセージが出てしまいます。

こちらの表は、シートが「部署名1」と「部署名2」の2つに分かれているため、「検索方向」で選択されていた「シート」を「ブック」に変更し、開いているシートだけでなく、シート全体が検索範囲になるように設定をし直します。

「すべてを選択」を押すと、エラーメッセージが消え、「部署名2」のシートにあったデータが検索結果として表示されました。

Excelで検索の際にエラーになってしまう

上記以外の理由でExcelの検索の際にエラーなどが出てうまくいかない場合は、次の点をチェックしてみるとよいでしょう。

1. 「検索対象」をチェックする
文字列を検索しているのに、「数式」を選択していたなど検索対象が検索値に合ったものを選択しているかどうかをチェックします。

2. 3つのチェックボックスにチェックが入っていないかを確認

●大文字と小文字を区別する(C)
●セル内容が完全に同一であるものを検索する(O)
●半角と全角を区別する(B)

の3つにチェックが入っていないかどうかを確認します。

・エラー表示が出ないよう、3つのチェックボックスは、細かく条件を指定して検索をしたい場合以外はチェックが入っていないほうが望ましいです。

3.検索の際に、特定のセルを選択していないかどうかを確認
検索の際に、誤って特定のセルを選択していると、特定のセル範囲の中だけで検索がかけられ、エラーになってしまうことがあります。

Excelでの検索が重くてうまく行かない

Excelで検索が重くてうまく行かない場合は、データが少しでも軽くなるよう、次のことを試すとよいでしょう。

1.不要なセルを削除する
データの中で、不要なセルはできるだけ削除していきます。

2.シートが多い場合、不要なシートを削除する

1つのブックにシートが多くある場合は、Excelが重くなりやすいため、不要なシートを削除します。
Ctrlを押しながら複数のシートを選択し、右クリックをして削除をすると、選択したシートが一気に削除できます。

3.数式を値に置き換える
数式が複数のセルにわたって入力されているとデータが重くなるため、数式の範囲をコピーし、貼り付けのオプションで値を貼り付け、数式を値に置き換えるとデータが軽くなります。

Excel検索が機能しない、消えてしまう

Excel検索が機能しない、消えてしまうなどといった場合は、「Ctrl」+「J」が入力されていないかどうかを確認します。「Ctrl」+「J」は、セル内の改行に利用するものであり、気づかないうちに「検索する文字列(N)」の見えない場所に改行が入ってしまっているということがあります。

こういった場合は、「BackSpace」や「Delete」で「検索する文字列(N)」の中にある値を消していき、一旦、中身を何もない状態にします。そうすることで、検索がうまく機能することもあるので、Excel検索が消えてしまう場合は、一度試してみるとよいでしょう。

まとめ

Excel検索では、1つでも多くの対処法を覚えておけば、さまざまな種類のエラーにも対処することができます。ぜひ、これを機会にExcel検索の対処法を覚えてください。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]