Excelで特定のデータを検索する方法は?

2019/11/12

新生活・準備

Excelには、検索機能があります。膨大なデータから値を探し出すことは大変な作業ですから、そんな場合には、Excelの検索機能を利用すると便利です。今回は、Excelで検索する方法を解説します。

Excel関数の基本まとめ

Excelで検索する

Excelの検索機能を利用することで、簡単に値を見つけ出すことができます。Excelでは、検索場所や検索対象などの細かな条件を指定して、検索することが可能です。

Excelの検索の使い方

ここからは、Excelの検索機能の使い方の手順を紹介します。

1 「ホーム」タブから「検索と選択」をクリックし、検索を選択。

2 「検索と置換」のダイアログボックスが表示され、「オプション」をクリックします。

・細かな条件を指定しない場合は、「オプション」を選択せず、このまま「検索する文字列」に値を入力することで検索ができます。

3 「検索する文字列」には、検索をかけたい文字列を入力。

「検索場所」は、「シート」か「ブック」のどちらかを選択。
・「シート」は、現在開いている「シート」、「ブック」は、Excel内にある全ての「シート」が対象となります。
「検索方向」は、行か列を指定できます。どちらかを指定しても、指定した行や列の検索結果が先に表示されるだけであるため、特に変わりはありません。
「検索対象」は、「数式」「値」「コメント」から検索値に合うものを選択。

4 それでは、実際に「50」という文字列を検索してみましょう。

「検索する文字列」に「50」と入力。
「検索場所」に「シート」を選択。
「検索対象」に「値」を選択。
「すべてを選択」をクリックします。
・「すべてを選択」にすると、検索結果が一覧で表示され、「次を選択」にすると検索結果が1つずつ表示されるようになります。

5 50の値の検索結果が一覧になって表示されました。

Excelの検索機能について

Excelの検索機能では、さまざまな使い方ができます。ここからは、Excelの検索機能の使い方を紹介します。

表にあるコメントを検索する方法

1 「ホーム」タブから「検索と置換」をクリックし、「検索」を選択します。
2 「検索と置換」のダイアログボックスを表示させます。
3 「検索する文字列」に「検索停止」と入力。
「検索場所」に「シート」を選択。
「検索対象」に「コメント」を選択。
「すべてを検索」をクリック。

4 コメントの入力されているセルが検索結果として表示されました。


EXCElのVLOOKUP関数を利用して検索する方法

特定の条件に合うデータを検索したいときは、VLOOKUP関数が便利です。

1 上野店のきゃべつの出荷個数を検索します。
2 セルB1にカーソルを合わせ、Shift+F3を押して「関数の挿入」ダイアログボックスを表示させ、VLOOKUP関数を選択。

3 VLOOKUP関数のダイアログボックスを表示させます。
「検索値」にきゃべつと入力されているセルA8を選択。
「範囲」に表セルA3からS96を選択。
「列番号」に左から6番目の上野店の列番号の6を入力。
「検索方法」に完全一致を表すFALSEと入力。
「OK」を押します。

  4 セルB1に検索結果が正しく表示されました。

まとめ

紹介してきたように、Excelには、便利な検索機能があります。検索機能は、数式やコメントなども検索でき、非常に便利です。さまざまな検索の使い方を覚え、必要な場面で用い、仕事の時短に繋げていきたいものです。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]