Excelの表組みを結合・合体させる方法は?

2019/11/12

新生活・準備

複数の表をひとつにまとめる「統合」や、ひとつにまとまっている情報をふたつに分ける「分割」は、Excelで表を編集するときに使える便利な機能です。それぞれの操作方法について解説します。

Excelの表を見出しの固定・色分け・レイアウト調整で見やすくする方法を解説!

表を結合・合体させる方法について

バラバラに存在する複数の表をひとつにまとめたいとき、それぞれの表をコピーして貼り付けていくのはなかなか面倒です。項目の数や並び順が異なる場合はさらに時間がかかります。そんなときは、「統合」機能を使いましょう。次の方法で、複数の表を結合・合体させることができます。

【1】表を統合する前提として、上端と左端の見出し構成だけは揃えておく必要があります。
項目の内容は異なっていても問題ありません。以下の3つの表を統合してみましょう。

【2】統合した表を表示したいセルを選択→Excelメニュー「データ」→「統合」を選択。

【3】「統合の設定」画面で「統合元範囲」の「↑」アイコンを選択。

【4】統合したい表の範囲を選択し、「↓」アイコンを選択。

【5】「追加」を選択。

【6】統合したいほかの表も同じ要領で追加し、「上端行」「左端列」「統合元データとリンクする」にチェックを入れ、「OK」を選択。

【7】複数の表を結合・合体できました。書式は解除されるので適宜編集しましょう。

表の分割について

続いて、結合とは反対に、表のなかの項目を別々のセルに分割する方法を紹介します。ここでは、一つのセルに記入されている都道府県と市区町村を、個別のセルに分ける場合を例に説明します。

【1】下準備として、住所が入力されている列の隣にひとつ列を追加しておいてください。

【2】分割する範囲を選択し、Excelメニュー「データ」→「区切り位置」を選択。

【3】「スペースによって右または左に揃えられた固定長フィールドのデータ」にチェックをつけ、「次へ」を選択。

【4】データのプレビューをクリックし、区切り位置を指定→「次へ」を選択。

【5】「列のデータ形式」で「文字列」にチェックをつけ、「完了」を選択。

【6】確認画面が表示されたら「OK」を選択すると、表の分割が完了します。

まとめ

表の結合や分割を使えば、手動では手間のかかる作業を格段に短縮することができます。データの形式を最低限揃える必要などはありますが、下準備さえすれば、とても簡単に操作できるので、ぜひ活用してくださいね。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]