Excelの見やすさをアップ! ウィンドウ枠の固定方法と解除のやり方

2019/10/10

新生活・準備

たくさんの情報が記入されているExcelで、スクロールしていくと、どの値が何を意味しているのかわからなくなることも多いでしょう。Excelを見やすく使いやすくするために、ウィンドウ枠を固定すると便利ですよ。今回は、Excelのウィンドウ枠の固定や解除方法についてご紹介します。

▼<関連リンク>
Excelグラフの目盛り線や目盛り間隔を変える方法
Excelのグラフに項目名を表示させる凡例の挿入方法と編集のやり方

Excelを固定する目的とやり方

Excelで作成した大きな表は、見出しなどの特定の列や行を固定することで、表の端や最後にある内容も、スクロールによって画面に表示できます。

Excelのウィンドウ枠を固定する基本のやり方をご紹介

(1)A列と1行目を固定し、画面に表示されていない店名を表示させ、表を見やすくします。

Excelのウィンドウ枠を固定&解除するやり方

(2)固定したい範囲を除いた表の一番左上(B2セル)を選択。
※ウィンドウ枠の固定は、指定範囲を除いた表の一番左上を選択することが決まっています。

(3)「表示」タブから「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上にあるウィンドウ枠の固定をクリック。

Excelのウィンドウ枠を固定&解除するやり方

(4)A列が固定され、B列と2行目からスクロールできるようになり、表示されていなかった店名が画面表示されるようになります。

Excelのウィンドウ枠を固定&解除するやり方

Excelの固定を解除する

ウィンドウ枠によって固定したExcelは、簡単に解除できます。

ウィンドウ枠で固定したExcelを解除するやり方をご紹介

(1)ウィンドウ枠の固定により、スクロールによって画面表示されている状態の表を解除していきます。

Excelのウィンドウ枠を固定&解除するやり方

(2)「表示」タブから「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上にある「ウィンドウ枠固定の解除」をクリック。

Excelのウィンドウ枠を固定&解除するやり方

(3)ウィンドウ枠が解除され、B列と2行目からのスクロールがなくなり、画面表示が元に戻りました。

Excelのウィンドウ枠を固定&解除するやり方

まとめ

Excelのウィンドウ枠を固定・解除するやり方をご紹介しました。

このやり方を覚えておくことで、Excelが見やすくなり、効率的に作業を進めることができます。これを機会に、やり方を習得し、さまざまな場面で役立てていってくださいね。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]