Excelでグラフを作成・編集するにはどうすればいい? 基本操作を解説

2019/10/08

新生活・準備

数値の変化や差異をわかりやすく視覚化できるグラフは、説得力のあるビジネス資料を作るうえでは欠かせません。

Excelを使えば、数値データから本格的なグラフを瞬時に作成でき、編集機能も充実しています。

今回は、数値の変化や差異をわかりやすく視覚化できる、Excelでのグラフの作り方を解説します。

▼<関連リンク>
目的別に見るエクセル関数 合計値の出し方、条件指定の検索方法などを徹底解説
Excelで列と行を入れ替えてコピー&貼り付けできる? 簡単な手順を紹介

Excelで作成できるグラフの種類は?

一口にグラフといっても、さまざまな種類があります。まずは、Excelで作成できる主なグラフを見ていきましょう。

棒グラフ

棒の長さで各項目の量を表す棒グラフは、最もシンプルな形式のグラフです。

項目間における量の差異を表現するのに適しています。

Excel グラフ 作成 編集

折れ線グラフ

点と点を線でつなげて表現する折れ線グラフは、連続性のある(時系列に沿った)データの推移を表すのに適したグラフです。

複数の折れ線グラフを重ねることで、項目ごとの推移の違いを比較して見せることも可能です。

Excel グラフ 作成 編集

円グラフ

円グラフは、構成比を示すのに最適なグラフです。

各項目が占める割合を円の中で表現するので、数値の合計が100%になるデータと相性が良いと言えます。

Excel グラフ 作成 編集

グラフの作成方法

それでは、実際にグラフを作ってみましょう。

【1】グラフにしたいデータ範囲を選択

Excel グラフ 作成 編集

【2】Excelメニュー「挿入」→「おすすめグラフ」を選択

Excel グラフ 作成 編集

【3】作成したいグラフの種類を選択

Excel グラフ 作成 編集

※「すべてのグラフ」タブを選択して、Excelで作成できる全種類のグラフの中から好みのグラフを選択することもできます。グラフ作成に慣れないうちは、「おすすめグラフ」から選んでしまうのが無難です。

【4】グラフが作成されました。

Excel グラフ 作成 編集

グラフの編集方法

作成したグラフは後から編集できます。グラフを選択すると横に表示される、3つのアイコンから編集すると便利です。

【1】「+」アイコンを選択すると、表示されるメニューからタイトルやラベル、目盛線といった「グラフの要素」の追加/変更ができます。

Excel グラフ 作成 編集

【2】ペンマークのアイコンからは、グラフのデザインを変更できます。表示されるテンプレートの中から好みのデザインを選びましょう。

Excel グラフ 作成 編集

※グラフそのものの種類を変更したい場合は、Excelメニュー「グラフのデザイン」→「グラフの種類の変更」から変更してください。

【3】フィルターアイコンを選択すると、グラフに表示するデータの表示/非表示を個別に切り替えられます。

Excel グラフ 作成 編集


※棒グラフ内の「田中」の項目だけを消したい場合は、「田中」のチェックマークを外し、「適用」と操作することで非表示に変わります。

まとめ

それぞれのグラフの特性を理解して使うことで、数値データやそこに含まれる情報はより効果的に「見える化」できます。

作るグラフの種類が決まったら、編集機能を利用して分かりやすい外観になるよう工夫してみましょう。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]