Excelドロップダウンリスト作成で困った時の対処法

2019/09/28

新生活・準備

Excelでドロップダウンリストを作成しても、項目が表示されないなど、上手く機能しない時があります。

今回は、Excelのドロップダウンリスト作成で困った時の対処法をご紹介します。

入力規則の設定

ドロップダウンリストを作成しても上手く表示されない場合、入力規則の設定に問題があるのかもしれません。

入力規則とは、1つ1つのセルに入力されている値のルールを設定しているもので、その設定を確認することで、リストが表示されるケースがあります。

以下に、入力規則の設定を確認する手順を紹介します。

(1)リストが表示されないセルを選択

(2)「データ」タブを選択し、「テータの入力規則」のダイアログボックスを表示

(3)設定欄の中の「ドロップダウンリストから選択する」のチェックボックスにチェックが入っているかどうかを確認。チェックが入っていない場合は、チェックを入れる

オブジェクトの表示設定

前述した方法の他、オブジェクトの表示設定から確認方法もあります。

以下に、オブジェクトの表示設定から確認する手順を紹介します。

(1)「ファイル」タブから、オプションを選択し、「Excelのオプション」のダイアログボックスを表示させる

(2)「次のブックで作業するときの表示設定」にあるオブジェクトの表示の、「すべて」にチェックが入っているかどうかを確認。チェックが入っていない場合は、チェックを入れる

エラーメッセージの種類について

入力規則で設定した値以外を入力しようとすると、エラーメッセージが表示されます。

このエラーメッセージには、「停止」「注意」「情報」の3つがあり、内容によって使い分け、変更ができます。

(1)「停止」メッセージ

エラーメッセージが「停止」に設定されていると、下のように表示されます。入力規制で設定されている値以外の入力ができない状態です。

(2)「注意」メッセージ

エラーメッセージが「注意」に設定されていると、以下のように「続けますか?」と表示され、「はい」を選択すれば、入力した値がそのまま表示されます。「いいえ」を選択すると再入力でき、「キャンセル」を選択すると、入力前の状態に戻ります。

設定以外の値をイレギュラー入れたい場合などは、エラーメッセージの設定を「注意」にしておくと良いでしょう。

(3)「情報」メッセージ

エラーメッセージが「情報」に設定されていると以下のように表示され、「OK」を押すと、入力値がそのまま表示されます。

設定以外の値を入力することが多い場合に向いている設定だと言えます。

プルダウンメニューを解除する方法

プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を設定した後に、解除が必要となるケースもあるでしょう。その場合には、以下の手順を踏めば解除できます。

(1)プルダウンメニューを解除したいセルを選択

(2)「データ」タブを選択し、「データの入力規則」のダイアログボックスを表示させ、左下にある「すべてクリア」を選択

(3)「OK」を押すと、プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)の解除完了

まとめ

「ドロップダウンリスト」が上手く表示されない場合や、突然エラーがおこったときは、ここで紹介した対処法を使用して、作業の効率化を図っていきましょう。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]