入力作業のミスを減らしたい! Excelのドロップダウンリストの作り方&別シートとの連携方法

2019/09/26

新生活・準備

リストの中から項目を選べる、▼マークのついたExcelのドロップダウン機能は、さまざまな用途に利用できるとても便利なものです。今回は、そうしたExcelのドロップダウンリストの作り方と、1枚のシートを見栄えよく使いやすくするために、別シートと連携して、ドロップダウンリストを作る方法について詳しくご紹介します。

▼<関連リンク>
少しでも手間を省きたい!Excelでオートフィルコピーする方法
入力規則や非表示の列・行など、Excelで特定条件をそのままコピーする方法

ドロップダウンとは

ドロップダウンとは、入力したいセルをクリックしたときに、入力内容の候補を表示する機能のことです。Excelシートの各セルの中に小さな▼マークを見たことがあるのではないでしょうか?

この機能を使用することで、入力間違いが起きにくくなる上に、入力するキーワードを覚える必要がなくなるなど、様々なメリットがあります。

ドロップダウン機能の作成手順

(1)ドロップダウンを作成したいセルを選択

(2)「データ」タブから「データの入力規則」を選択し、ダイアログボックスを表示させる

(3)入力値の種類の▼の中から「リスト」を選択

(4)元の値に入力できる状態にし、ドロップダウンリストの範囲(C2からC20までドラッグ)を指定し「OK」を押す
※元の値に手入力する方法でも可能(例:北海道,秋田,山形……)

Excel ドロップダウンリスト 別シート 参照

(5)ドロップダウンリストの作成が完了

Excel ドロップダウンリスト 別シート 参照


ドロップダウンリストを別シートから参照する方法

Excelのドロップダウンリストは、一つのシート上だけでしか作れないわけではありません。一つのシートでの見栄えを意識して、別シートからデータを参照できないかと考える人も多いでしょう。

ドロップダウンリストを別シートと連携する場合の手順

(1)sheet1でドロップダウンを作成したいセルを選択

(2)「データ」タブから「データの入力規則」を選択し、ダイアログボックスを表示させる

(3)入力値の種類を▼から「リスト」を選択

(4)元の値に入力できる状態にしたままsheet2へ移り、ドロップダウンのリスト範囲(B2からB20までドラッグ)を指定し「OK」を押す

Excel ドロップダウンリスト 別シート 参照

(5)sheet1にドロップダウンリストが完成

Excel ドロップダウンリスト 別シート 参照

まとめ

Excelを使用していく上で何かと便利なドロップダウン機能。

これを機会に、ドロップダウン機能を習得し、さまざまな用途で活用していきましょう。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]