Excelのメールリストに一斉送信するには? 便利ソフトで楽しちゃおう

2019/09/25

新生活・準備

仕事上、顧客データなどExcelファイルで管理していることも多いでしょう。よく使う取引先についてはメールソフトにアドレスが入っていたり、グループで管理しているかもしれません。
ですが、Excelで作ったリストのメールアドレス宛てに一斉送信したいとなったときに、メールソフトに登録されていないからと、一件一件コピペで入力するのはとても大変です。
今回は、Excelに記載してある大量のメールアドレスをそのまま利用して一斉送信する手順を紹介します。

▼<関連記事リンク>
【Excel】セル内のデータを一括でコピー&ペーストするには? 画像つきで解説
作業効率がアップする基本的なExcel関数

メールアドレスに一斉送信するには何が必要?

Excelに記載してある大量のメールアドレスに一斉送信するには、メールアドレスが記載されたExcelのファイルを、CSVファイルに変換する必要があります。

ExcelファイルをCSVファイルに変換する手順

1.該当のExcelファイルから、名前などを削除し、メールアドレスのみにする

Excel メールリスト 一斉送信

2.「ファイル」をクリックし、「名前を付けて保存」を選択。「ファイルの種類」を「CSV(カンマ区切り)*.csv」に変更し、保存

3.CSVファイルが保存される

一斉メールの送り方

CSVデータを読み込んで一斉送信するには、『Mail Distributor』などの一斉メール送信ソフトなどを利用するのがおすすめです。

一斉メール送信ソフトの使い方は簡単。送信したいメールアドレスをグループ登録し、その後にメール本文を作成し、グループ登録したメールアドレスを選択することで、個別に一斉送信することが可能になります。

また、グループ登録をした中で、限定してメールを送りたい場合はチェックボックスで管理することもできます。

他にも、個人情報を登録し、その中で限定した人だけにメールを送信するなど、さまざまな使い方があるのです。

Excel メールリスト 一斉送信

(フリーソフト Mail Distributor)

まとめ

CSVファイルに変換し、一斉メール送信ソフトを利用することで、大量のアドレスに対し、簡単に一斉送信することが可能です。

これを機会にやり方を覚え、面倒な一斉送信を効率よく行っていきましょう!

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]