Excelでオートフィルを入力・コピーする方法は? 手間を省きたいときにおすすめの時短テク

2019/09/10

新生活・準備

ちょっとした語句でも自動的に入力されれば手間が省けますし、間違いも減ります。そのための、ぜひ使いたい便利な機能が「オートフィル」です。多くのデータも自動で入力できるオートフィルの使い方を解説します。

オートフィル入力とは

オートフィル入力とは、セルに入力された値を参考にし、自動的にセルに式や値を入れてくれる機能です。
長い文章はもちろんのこと、日付や曜日などのような連続した値を入力するときに、とても役立ちます。

オートフィルで先頭のセルをコピーする

実際にオートフィルの機能を使ってみましょう。ここでは、先頭のセルに入れたものと同じ語句を下のセルに入力していきます。

【1】 先頭のセルに、コピーしたい語句を入力します。

エクセル  オートフィルコピー

【2】入力したセルを選択し、太枠で囲まれたことを確認します。

エクセル  オートフィルコピー

【3】太枠の右下にある四角い部分にマウスポインタを当て、下にドラッグします。

エクセル  オートフィルコピー

これで先頭と同じ語句を簡単にコピーできました。

オートフィルで連続データ入力する

日付や数など、異なる連続した値もオートフィル機能ならすぐに入力することができます。

【1】 先頭のセルに、連続するデータの最初の値を入力します。先ほどと同じようにセルを選択し、太枠で囲まれたことを確認してから右下に出てきたフィルハンドルをドラッグします。

エクセル  オートフィルコピー

【2】すると、オートフィルオプションが出てきます。ここをクリックしましょう。

エクセル  オートフィルコピー

【3】 一覧から「連続データ」を選びます。これで連番ができました!

エクセル  オートフィルコピー

アルファベットをオートフィルで連続データ入力できる?

数字がオートフィルできることはわかりましたが、せっかくならアルファベットのような よく使うものもオートフィルできれば便利です。
しかし、アルファベットはオートフィル での連続入力ができません。

そのかわりに、関数を使うことでアルファベットを入力することができます。「ユーザー設定リスト」に登録する方法もありますが、ここでは関数での入力方法を説明します。
使う関数は「CHAR 関数」と 「CODE 関数」です。
https://kokodane.com/2013%20wa...

【1】 B2 セルに A と入力し、B3 セルに CHAR 関数と CODE 関数の式を入力します。 B3 セルに入力する式は
=CHAR(CODE(B2)+1)
この式では、CODE(B2)で、B2セルに入力したAのコードを読み取って、+1で文字のコードにしています。

エクセル  オートフィルコピー

【2】 B2 セルにマウスを当て、フィルハンドルを出現させて下にドラッグします。こうするとアルファベットが入力されました。

エクセル  オートフィルコピー

まとめ

いかがでしたか。数字やアルファベットは手で入力すると面倒ですし、うっかりと一つ抜かしたりしがちです。強い味方「オートフィル」の機能を使えば、効率よく、かつ正確な作業に役立ちます。簡単に使いこなせるので、ぜひ覚えてください。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]