Excel先頭の0が消えてしまう! 0を消さずに表示するには?

2019/09/06

新生活・準備

Excelでナンバリングをしたいと思っても、「001」など「0」を先頭にすると「0」が消えて「1」と表示されてしまう現象があります。今回は、そんな「0」が消えてしまう現象と解決方法についてご紹介します。

「0」が消えてしまう現象とは?

名簿や作品登録など目録を作っていて、「001」のように「0」をつけて登録したい場合がありますよね。ところが、Excelでは先頭に表示された「0」が自動的に消えてしまうことがあります。実際の事例を見てみましょう。
(1)「001」と打ち込みます。

Excel 先頭の0 消さない方法

(2)エンターを押すと、「00」が消えて「1」と表示されます。

Excel 先頭の0 消さない方法

「00」を残したい場合、これでは困ってしまいますね。そういった場合の回避策をご紹介します。

「0」を表示するための解決方法

電話番号の登録などで「0」が先頭に表示されないと困ってしまうこともありますよね。ここでは、「0」を表示するための解決方法をご紹介します。

「0」の前に「'(アポストロフィー)」を挿入

「0」 の前に「'(アポストロフィー)」を挿入することで、数式ではなく文字列として認識させることができます。
(1)「Shift+7」でアポストロフィーを入力したいセルに入れます。

Excel 先頭の0 消さない方法

(2)「001」など「0」が先頭になる数値を打ちます。

Excel 先頭の0 消さない方法

(3)エンターを押しても「0」は残ったままです。

Excel 先頭の0 消さない方法

セルの書式設定から入力

他の方法として、セルの書式設定から入力することもできます。
(1)任意のセルを右クリックし、「セルの書式設定」を選択。

Excel 先頭の0 消さない方法

(2)「表示形式」>「文字列」を選択し「OK」をクリック。

Excel 先頭の0 消さない方法

(3)そのまま入力すれば「0」も反映されます。

Excel 先頭の0 消さない方法

まとめ

Excelに「0」で始まる数値を入力したい場合、文字列に換算すれば「0」が消えずにすみます。ここでは二通りの方法をご紹介しました。名簿や作品表作りなどの際に、役立てれば幸いです。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]