PDF化したデータをメールで送るには? サイズの圧縮方法やメール添付の手順を解説

2019/09/05

ITスキル

Excelで作ったPDFファイルをメールで送付する際にはどんなことに注意すればいいのでしょうか?
知っておくと便利なファイルの圧縮方法やメールへの添付の仕方について解説します。

PDFファイルをメールで送付

ファイルサイズが大きすぎるとメールで送れない

メールには添付できるファイルの上限が設定されています。上限は、メールプロバイダによって異なりますが、およそ25MB程度までが限度であるとされています。

これ以上大きいファイルを直接メールに添付すると、メールサーバーで弾かれてしまう可能性があります。

また、ビジネスメールのマナーとして、添付ファイルのデータ量は2MBを超えないように抑えるのが望ましいとされています。

ExcelファイルをPDF化のする際の圧縮方法

出力はせず、オンラインで確認してもらうだけであれば、以下の方法で圧縮できます。

(1)「ファイル」→「エクスポート」→「PDFの作成」を選択。


(2)「縮小サイズ」を選択します。これでファイルサイズが圧縮されます。

すでに作成しているPDFファイルの圧縮方法

すでに作成しているPDFファイルをメールに添付するには、2通りの方法があります。

(1)PDFファイル自体を圧縮する

フリーソフトを使ってPDFファイルを圧縮する方法があります。

・IlovePDF https://www.ilovepdf.com/ja/co...
・Smallpdf https://smallpdf.com/jp/compre...

どちらもドラッグ&ドロップするだけで、PDFファイルを簡単に圧縮できるオンラインサービスです。

(2)オンラインストレージサービスを使う

PDFファイルを圧縮せず、ストレージサービスを使うことで、先方に届けることもできます。

・ギガファイル便 https://gigafile.nu/
・データ便 https://www.datadeliver.net

こちらはオンライン上にPDFファイルをアップロードし、取得したURLを先方に知らせることでファイルを共有できるサービスです。また、機密保持のためにパスワードは設定することをおすすめします。

メールへの添付方法

メールにPDFファイルを添付する方法をご紹介します。

(1)メール画面を開き、「挿入」→「ファイル」を選択。


(2)ダイアログが開くので、添付したいPDFファイルを選択。「開く」ボタンを押します。


これでメールにPDFファイルを添付できます。

まとめ

メールにPDFファイルを添付するとき、データー量を考えずにファイルを送って、相手のメールサーバーをダウンさせてしまったり、上手く届かなかったりとトラブルになる可能性もあります。

マナーに気をつけ、仕事のさまざまな場面で活かせるようにしましょう。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

ITスキルの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]