右クリックなしでエクセルのメニューを開くには? 覚えておくと便利なショートカットキー

2019/09/05

新生活・準備

エクセルを開いてマウスを右クリックすると、メニューが表示されます。もちろんマウスを使ってメニューを開いてもいいのですが、ショートカットキーを使ってメニューが表示できる方法があることを知っていますか? マウスがなくてもキーボード操作でショートカットキーを使うだけでメニューが開けるようになるので、手間が省け、作業の効率もアップするはず。
そこで今回は、右クリックしなくてもショートカットキーを使ってエクセルのメニューを表示させる方法を紹介します。

エクセル ショートカット 右クリック

エクセルの右クリックで出るメニューとは?

マウスを右クリックして表示されるメニュー項目には、「コピー」や「挿入」、「削除」、「セルの書式設定」などがあります。これらは、エクセルを使う上で特に使用頻度の高い項目ばかりです。そのため、速やかにメニューを開いて操作をできるように、ショートカットキーでのメニューの開き方を覚えておくと便利です。

メニュー項目のショートカットキー

ちなみに、メニュー項目の右側に記載されているアルファベットキーの存在は知っていますか? たとえば、「形式を選択して貼り付け」をしたいときは、メニューを開いて「S」キーを押せば貼り付ける形式が選べるようになります。また、「セルの書式設定」を開きたい場合は、メニューを開いて「F」キーを押すだけで「セルの書式設定」を開くことができます。

エクセル ショートカット 右クリック

エクセル ショートカット 右クリック

わざわざマウスで右クリックし、スクロールして表示させていた「セルの書式設定」が、ワンタッチするだけで開けます。このショートカットの方法を覚えておけば、マウスがなくても操作をおこなうことができるようになります。

右クリックなしでメニューを表示する

メニュー項目のショートカットキーを覚えるのと同時に、マウスの右クリックなしでもメニューが開けるショートカットキーも覚えておきましょう。方法は簡単です。
「Shift」→「F10」の順でキーを押すだけです。「Shift」キーはキーボードの左右に1つずつありますので、使いやすいほうを使ってください。

まとめ

マウスなしでもエクセルが使えるようになれば、操作もよりスムーズに、作業の時間短縮にもなるでしょう。今回紹介したショートカットは特に難しいものではありませんので、ぜひ覚えておくと便利ですよ。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]