仕事で役立つExcelの文字入力・書式設定のショートカットキーまとめ

2019/09/05

ITスキル

社会人になったとき、職種や業務内容によっては毎日のようにExcelを使うこともあります。あまり使う機会がない職種だったとしても、数値に関わる資料を作成するときには避けられないことも。いざ使うってみると扱いが難しく、Excelに対して苦手意識を持っている人も少なくありません。そんな人も、文字入力や書式設定のショートカットキーを覚えておくと、作業が少しずつスムーズになり、仕事の効率がアップします。ここではExcelで使える、主なショートカットキーについてご紹介していきます。

仕事で役立つExcelの文字入力・書式設定のショートカットキーまとめ

仕事で頻繁にExcelを使う機会がある場合、よく使うショートカットキーはある程度覚えておきたいところ。いちいちマウスでメニューを開いたり、右クリックをしたりするのは手間ですし、時間もかかってしまいます。作業効率を上げるためにも覚えるのがおすすめです。まずは、文字入力や書式設定などでよく使うショートカットキーをまとめてみましたので、基本として覚えてみてください。

 文字入力や書式設定のショートカットキー一覧

文字入力や書式設定において、よく使うショートカットキーをまとめました。Excelを操作していてよく使う動作があれば、意識してショートカットキーを使うようにしてみてください。

(1)文字入力に関するショートカットキー

Esc

セルの入力を取り消す

Tab

右のセルへ移動

F4またはCtrl+Y

直前の操作を繰り返す

F6

平仮名にする

F7

全角カタカナにする

F8

半角カタカナにする

F9

全角アルファベットにする

F10

半角アルファベットにする

F12

名前を付けて保存する

Ctrl+A

全選択

Ctrl+C

範囲指定した文字やセルをコピー

Ctrl+V

コピーしたり切り取ったりしたデータをペースト

Ctrl+S

上書き保存

Ctrl+Z

直前の操作を元に戻す

Ctrl+X

範囲指定した文字やデータを切り取る

Ctrl+D

1つ上のセルを下方向にコピーペーストする

Ctrl+R

左のセルを右方向にコピーペーストする

Ctrl+Enter

選択した複数のセルに一括入力

Ctrl+Shift

空白のセルを挿入する

Shift+F2

コメントの追加、編集する

Shift+F7

類義語辞典を表示する

Shift+Space

行全体を選択する

Ctrl+Space

列全体を選択する


(2)書式設定に関するショートカットキー

Ctrl+1

「セルの書式設定」のダイアログボックスを表示する

Ctrl+B(または2)

文字を太字にする

Ctrl+I(または3)

文字を斜体にする

Ctrl+U(または4)

文字に下線を引く

Ctrl+5

文字に取り消し線を引く

Ctrl+6

オブジェクトを表示する/非表示にする

Ctrl+7

ツールバーを表示する/非表示にする

Ctrl+8

アウトライン記号を表示する/非表示にする

Ctrl+9

行を非表示にする

Ctrl+0

列を非表示にする

Ctrl+Shift+F

ダイアログボックスのフォントを表示する

Alt+Enter

セル内で改行する

Ctrl+Shift+6

セルの外枠罫線を適用する

Ctrl+Shift+_

セルの外枠罫線を削除する

Ctrl+Shift+>

テキストボックス内のフォントサイズを拡大する

Ctrl+Shift+<

テキストボックス内のフォントサイズを縮小する

Ctrl+:

現在の時刻を入力する

Ctrl+;

現在の日付を入力する

Alt→H→A→C(command+E)

テキストの中央揃え

Alt→H→L→1(command+L)

テキストの左揃え


(3)表示形式に関するショートカットキー

Ctrl+Shift+~

標準の表示形式を適用する

Ctrl+@

時刻の表示形式を適用する

Ctrl+Shift+#

日付の表示形式を適用する

Ctrl+Shift+%

小数点以下の桁が0の表示形式を適用する

コピーペーストが面倒なときに便利なコマンド

Excelでデータ入力や資料作成をする際に、コピーペーストをしたいということも多いと思います。覚えておくと作業の時間を、より短縮できる「コピーペースト」に関するショートカットキーもご紹介します。

Ctrl+D

上のセルと同じデータを入力する

Ctrl+Enter

複数のセルにデータを入力する

Alt+↓

入力済みのデータをリストから選択する


文字入力や書式設定に関するショートカットキーは、今回紹介した以外にもさまざまな種類が存在します。使い続けているうちにだんだん覚えてきますので、まず慣れるまでは積極的に使うようにしてみてください。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

ITスキルの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]