Mac版Excelを最新バーションにしたい! アップデートの方法を紹介

2019/08/27

新生活・準備

今回は、Mac版Excelを最新バージョンにする方法をご紹介します。
パソコンソフトの多くはインターネットを介して更新プログラムが配信されます。
最新の状態にすることで、利便性も向上しますし、トラブルも解消されるので、特別な理由がない限り最新の状態にすることが望ましいでしょう。

Mac版Excelのアップデート

バージョンを確認する

まずは、今Macで使っているExcelがどのバージョンなのか確認しましょう。確認の方法は、以下の手順で行います。

【1】新規Finderウインドウ→「アプリケーション」と進みます。

Mac版Excelのアップデート

【2】Excelアプリが見つかったら、ダブルクリックで開きます。

Mac版Excelのアップデート

【3】メニューバー「Excel」→「バージョン情報」と進みます。

Mac版Excelのアップデート

【4】「Excelについて」というポップアップウィンドウが表示され、バージョン情報を確認できます。

Mac版Excelのアップデート

「Excelについて」ウィンドウでは、ライセンス情報も確認できます。例えば、以下のように記載されていれば、使用しているOfficeはサブスクリプション版である「Office 365」シリーズであることがわかります。

Mac版Excelのアップデート

最新バーションへのアップデート

最新バージョンへのアップデートは、手動で行う方法と自動で行う方法があり、手動で行う場合はさらに2つの方法があります。詳しく見ていきましょう。

【手動】更新プログラムを手動でチェックする

まずは、お使いのMacパソコンでExcelを起動してから更新する方法です。

【1】Excelを起動し、メニューバー「ヘルプ」→「更新プログラムのチェック」と進みます。

Mac版Excelのアップデート

【2】「Microsoft AutoUpdate」というソフトが起動し、ポップアップが現れたら、ポップアップ下部の「更新プログラムのチェック」をクリックします。

Mac版Excelのアップデート

【3】更新のチェックが始まります。

Mac版Excelのアップデート

【4】アップデートがあれば、以下のように利用できる更新プログラムが表示されますので、「インストール」をクリックして進みます。

Mac版Excelのアップデート

【5】ダウンロードが始まりますので、後はソフトの指示に従ってアップデート完了です。

Mac版Excelのアップデート

【手動】Mac App Storeからアップデートする


Mac App Storeからソフトを購入した場合は、アップデートもMac App Storeから行います。

【1】「アプリケーション」から「App Store」をダブルクリックで開きます。

Mac版Excelのアップデート

【2】左部分メニューの「アップデート」をクリックします。アップデートがあれば、「最近のアップデート」にExcelが表示されます。表示が何もなければ、Excelは最新バージョンです。

Mac版Excelのアップデート

【自動】自動アップデートを設定する

自動でアップデートするように設定するには、「Microsoft AutoUpdate」を起動したあと、ポップアップで「自動的にダウンロードしてインストール」にチェックを入れ、「更新プログラムのチェック」をクリックします。

Mac版Excelのアップデート


チェックだけしてインストールするかどうかはその都度確認したいという場合は、真ん中の「自動チェック」にチェックを入れましょう。

まとめ

MacのExcelを最新バージョンにしたい場合、手動と自動の2つの方法があります。自動で更新する設定にしておくと楽ですが、頻繁にExcelソフトを起動しない場合、ときどき手動でチェックしておくと良いでしょう。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]