Mac版Excelでグラフや表データを作成するには? 基本操作をおさらい

2019/08/26

ITスキル

Mac版Excelでの使い方をご紹介します。エクセルでは、ただ数値を入れるだけでなく、その数値を元にグラフや表にまとめることもできます。グラフや表を自分で一から作るのはなかなか難しいですが、エクセル上のデータを活用すれば、簡単できれいに図としてまとめることができるので便利です。基本的な使い方の手順を覚えて、活用できるようにしておきましょう。

Mac版Excelでグラフや表データを作成するには? 基本操作をおさらい

グラフ作成方法

まずは、Mac版エクセルでの基本のグラフ作成方法からご紹介します。

【1】グラフ化するデータの範囲を選択し、Excelメニュー「挿入」→「おすすめグラフ」を選択

Mac版Excelのグラフ1

【2】表示されるグラフから好きなものを選ぶ

Mac版Excelのグラフ2

折れ線や棒グラフなど、さまざまな表示方法があります。

【3】シート内にグラフが作成される

Mac版Excelのグラフ3

【4】「グラフのデザイン」からグラフの見た目を変更する

Mac版Excelのグラフ4

※ただし、ここでのデザイン変更はあくまでもデザイン上の変更であり、折れ線グラフを柱状グラフにするなど、グラフの種類そのものを変更することはできません。変更したい場合は、後述の「グラフの種類の変更」を選択します。

【5】「グラフのデザイン」タブ内の「グラフ要素を追加」から、タイトルやラベルなどの詳細を変更する

Mac版Excelのグラフ5

【6】「クイックレイアウト」からグラフの見た目を変更する

Mac版Excelのグラフ6

データに適したグラフ作成方法

データに適したグラフは、前述の「おすすめグラフ」から選ぶことができます。グラフにカーソルをあてるとプレビューのように試すことができるので、それをみながらベストなグラフがどれか検討してみましょう。

Mac版Excelのグラフ7


それでも、しっくりこなければ「グラフのデザイン」タブの中にある「グラフの種類の変更」から好みのデザインや表示方法を選べます。「グラフの種類の変更」では、2Dで作成されたグラフを3D表示に変更することもできます。

テーブルを作成するには

エクセルデータの整理・分析を行うには、「テーブル」を作成すると便利です。テーブルとは、一覧表であることをエクセルに認識させ、配色などの設定も自動で反映される機能のことをいいます。そこで、ここからはテーブルの作り方を見ていきましょう。

【1】テーブルにしたいデータ内のセルをクリックした状態で、Excelメニュー「挿入」→「テーブル」→「テーブル」と選択

Mac版Excelのテーブル1

【2】データ部分が自動的に選択されるため、データ範囲が間違っていないか確認し、範囲が異なる場合は選択し直して、「OK」をクリック

Mac版Excelのテーブル2

このデータのように、先頭の行が見出しとなっている場合は、下のチェックボックスにチェックを入れておきます。見出しの行がない場合は、チェックボックスを外してから「OK」をクリックします。

【3】テーブルが作成される

Mac版Excelのテーブル3

ピボットテーブルについて

さらに大量のデータを取り扱う機能として、「ピボットテーブル」というものがあります。前述の「挿入」→「テーブル」で「ピポットテーブル」もしくは「おすすめピポットテーブル」を選択します。

Mac版Excelのテーブル4

ピボットテーブルは、大量のデータをさまざまな角度から集計・分析するための機能です。上記のような単純な表で、行や列の合計を求める場合は「テーブル」で十分ですが、たとえば企業の経理担当者が「支店ごと」「担当者ごと」「地域ごと」の売り上げを出したいときなど、複数の条件で集計がしたいときには「ピボットテーブル」が非常に便利です。

まとめ

エクセルは、知っているかどうかで、見栄えや手間が段違いになる便利機能がたくさんあります。ビジネスシーンでMac版のエクセルを使用するときにも、スムーズに作業ができるよう、まずは基本的な機能から覚えておくといいでしょう。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

ITスキルの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]