内定後も就活を続けるときは? 注意点を知っておこう

2019/08/22

内定・内定辞退

内定をもらった後に就活を続ける場合の注意点やマナーを事前に知っておきましょう。第一志望から内定を受けられれば、そこですっきり就活を終了させることができますが、そうでなかった場合、その企業に決めてしまうか、内定を辞退すべきか、はたまた内定を承諾しつつ就活を続けるべきか悩むと思います。また、業界によっては3年生のうちに内定を出す会社がありますので、内定をもらいつつ就活を続けるパターンは少なくないとも言えます。

内定後も就活を続けるときは? 注意点を知っておこう

内定後も就活を続けたい!

内定承諾書に法的拘束力がないとはいえ、サインした後に就活を続けるのは抵抗があるかもしれません。しかし、内定後も就活を続けるかどうかについては個人の自由。就職は人生における大切なターニングポイントですので、納得できるまでやりきるのがよいでしょう。

その会社に決めるかどうか悩んでいる場合は、正直に迷っていることを企業に伝えるのもありです。会社によっては数日待ってくれることもあります。他の会社の選考を受けているうちに、逆にその会社の志望度が高まることも十分考えられますので、会社側も理解があるはず。

ただし、内定をもらった会社に就活を続けていることを話すのはタブーです。内定をもらった後に就活を続けるにあたって、ケースごとに注意点やマナーがありますので、あらかじめ把握しておきましょう。

内定後に就活を続けるのはタブー?

内定後も就活を続けるときは? 注意点を知っておこう2

最終選考のときに「もし内定を出したら、弊社に入社を決めてくれますか?」という質問をされることがあります。このときに「御社から内定をいただいても、今後も就職活動を続けますのでまだわかりません」とはっきり言ってしまうことは避けましょう。このような回答をしてしまうと、受けている会社が第一志望でないと捉えていることが明白になってしまいます。

この質問自体が少しいじわるで、まだ他の会社の選考結果も定まっていない状態だと、どうしても答えにくいと思います。実際のところ、内定後も就活を続ける学生は少なくありません。だからこそ、複数の会社から内定をもらい、その後に入社する会社を選んでいる人も多いのです。

ちなみに、内定通知が来て承諾しようか悩んでいて、もう少し待ってほしいと思ったときには「自分は入社したいと思っているのですが、親が納得してくれないのです」と答えた人もいるようです。その他「OB訪問をさせていただいた会社があって、選考中に辞退するわけにはいかないので他社の選考を受けることを許していただけますと幸いです」という答え方も悪い印象がつかずに済むでしょう。

実際のところ、内定を受けた後に辞退するのも普通のことですので、そこまで強く責任を感じなくても大丈夫です。ただし、社会人となる身として失礼のないマナーは心がけるようにしましょう。特に学校推薦の場合は、原則として内定辞退はできません。推薦を受けるときにも説明があったかと思いますが、推薦した学校や教授の信頼が失われてしまい、後輩たちにも迷惑をかける恐れがあります。

就活には正解がなく、「本当にこの会社でよいのか……」と不安な気持ちになることもあるかもしれませんが、その不安は一時的なものである場合も多く、冷静に自分の気持ちを確かめて判断するようにしましょう。

内定後に就活を続けていることがバレたら?

内定後も就活を続けるときは? 注意点を知っておこう3

通常、特定の個人の採用選考情報が漏れることはないので、就活を続けていることが他の会社にバレてしまうという状況は少ないかと思います。しかし、偶然にも内定を受けた企業と選考を受けに行った企業が同じビルにオフィスを構えていて、面接に行ったときにエレベーターで内定先の人事担当者に出くわしたという人もいるそう。

そのように万が一、こっそり就活を続けていたことがバレた場合は、焦らず丁寧に謝罪することが大切です。そして、いつまでに内定を承諾するか辞退するかの判断をするのか、という旨をきちんと伝えましょう。

内定後にも就活を続けていたことを理由に、内定取り消しになる可能性は低いです。とはいえ、印象としてはあまりいいものではありませんので、丁寧な謝罪対応をしましょう。

まとめ

内定をいただいた後も就活を続けるのはそれほど珍しいことではありませんが、続けるにあたってのマナーは意識しておきましょう。内定をいただいた会社に対して「第一志望ではない」とハッキリ伝わってしまうような対応は避け、丁寧なやりとりを心掛けましょう。辞退する場合、少なからず会社に手間をかけさせていることを忘れないようにしましょう。

人生の大きなターニングポイントにもなりうる就職。内定を承諾するか、辞退するか悩むのも当然です。どうしても自分で決められない場合は、家族や友人など信頼できる人に相談してみるのもよいですね。

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]