内定後に内定先の会社に訪問する際の服装について

2019/08/22

内定式

今回は、シチュエーションに合わせた会社に訪問する際の服装を紹介します。内定後には、内定者の会社理解を深めるために、「内定後の面談」や「内定者懇親会」に招かれることが多いようです。どちらも、入社後の不安を除いたり、モチベーションをアップさせたりするのによい機会となります。しかし、内定後に訪問する際の服装を考えると、どんな雰囲気でいくべきなのかと不安に思う気持ちもあるのではないでしょうか。

内定後 訪問する際の服装について

「内定後の面談」で訪問する際の服装について

内定後の面談で内定先に訪問する際の、服装や抑えておきたいポイントを確認していきましょう。内定が決まった後に面談をするのは、内定者の内定承諾意思を再確認することや、不安を取り除くことが理由として挙げられます。企業への内定後の自己アピールのチャンスでもあり、安心して入社するための時間ともなるでしょう。

服装の指定がない場合

内定後の面談に行く際は、特に指定がなければスーツで行くのが無難かもしれません。
新卒であれば、就活の際に使用していたリクルートスーツがよいでしょう。男性はスーツや・白地シャツ・ネクタイ・白下着・無地の靴下・革靴など。女性は、スーツ・白地シャツ・肌色ストッキング・ナチュラルメイク・黒のパンプスで行く人が多いようです。基本的に就活スタイルで行けば失礼に当たることがありません。

「オフィスカジュアル」と言われた場合

「オフィスカジュアルで」という指定があれば、オフィスカジュアルの基準は会社によって違うので、採用選考中に見た社員の服装を参考にするとよいでしょう。
たとえば、男性だとシャツとパンツにジャケットやカーディガンを羽織ればきちんと感がでます。女性はブラウスとフレアスカートにジャケットやカーディガンを合わせるとオフィスカジュアルになるでしょう。カジュアルななかでも、清楚でフレッシュな印象を与えるアイテムを取り入れるとよいかもしれません。社員より少し固めの服装にするくらいがポイントです。

「あなたらしい服装」と言われた場合

スーツが自分らしいのか、オフィスカジュアルが自分らしいのか判断に迷うでしょう。もし可能なら、内定者同士で連絡を取り合い、どのような服装をするか話し合うことをおすすめします。ひとりだけスーツだったりオフィスカジュアルだったりすると少し居心地がよくないかもしれません。協調性を持って、合わせられるとよいですね。

内定後の面談で質問しておくべき内容

内定後 訪問する際の服装について

内定後の面談では以下の質問をしてみるとよいかもしれません。

・給与
・労働条件
・福利厚生
・仕事内容
・配属先
・入社までにしておくとよいこと

給与・労働条件・福利厚生については求人票に記載されていることですので、さらっと確認程度で問題ないでしょう。
仕事内容や配属先については個人によって異なることですので、念入りに確認することをおすすめします。
また、仕事内容と関連することとして、入社までにしておくとよいことが挙げられます。入社するまでに時間に余裕があれば勉強やスキルアップをしておく機会につながるでしょう。入社後困らないようにできる限りの準備はしておくとよいですね。その姿勢を見せることによって仕事への意欲をより伝えることができるでしょう。

「内定後 の打ち合わせ」で訪問する際の服装について

内定後に会社から正式な面談とまではいわれなず、「打ち合せをしましょう」と話を持ちかけられることもあります。
打ち合わせで訪問する際の服装は、スーツで行くのが無難でしょう。
ただし、社風や業種の雰囲気に合わせるのが大切です。最近は、私服で来てほしいという会社も多くあります。私服・服装は自由でよいといわれたら、TPOに応じたオフィスカジュアルな私服で行っても問題ありません。

内定者懇親会で訪問する際の服装について

内定後 訪問する際の服装について

内定者懇親会では、内定者どうしの仲を深めるレクリエーションがおこなわれたり、先輩社員とお話する時間が設けられることもよく見受けられます。「職場の雰囲気を知りたい」「入社後の仕事内容について知りたい」という内定者にとって、有意義な時間になるでしょう。

◎内定者懇親会って何するの? プログラムやスケジュールを解説

「スーツ」といわれた場合

もし会社でスーツを指定された場合は、ややフォーマルな会と思っていいでしょう。フォーマルなスーツを持っていない場合は、就活スーツで問題ありません。それほどかっちりしていくことはないですが、スーツにあった清潔な髪型やメイクを心がけましょう。
スーツの中に着るものは、男性ならシャツにネクタイですが、就職活動と同じである必要はありません。色や柄など、そのスーツにあったものを選び、ややフォーマルさを崩してみてもいいでしょう。
女性の場合はシャツだけでなく、カットソーに小ぶりなアクセサリーやスカーフをアクセントにするのもおすすめです。

「私服・自由な服装」といわれた場合

社会人のオフィスカジュアルスタイルを参考に、淡いトーンの無地のトップスか、青や白のストライプのようなスッキリした柄のシャツやブラウス、落ち着いた色調のボトムスなどは好印象です。
女性の場合、ワンピースなども選択肢の一つですが、ジャケットを羽織ったときに浮かないような素材や色味を選びましょう。
靴もカジュアルすぎるスニーカーやサンダルは控え、スーツにも合うけれど、普段使いもできそうな靴が、後々も幅広く活用でき、おすすめです。

まとめ

内定後 訪問する際の服装について

会社見学や面談での服装には悩むかと思います。必ずしもこれが正解というものはないので、社風に応じて臨機応変に対応することを心がけましょう。
ほとんどの会社で、「スーツ着用」「スーツでなくてもよいです」「私服で来てください」などと連絡があると思うので、それに従うとよいでしょう。
オフィスカジュアルは悩んだら、やや固めに夏以外だとジャケットを羽織ると違和感なく着こなせます。

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]