内定が出たけど辞退したい...円満辞退をするには?

2019/07/31

内定・内定辞退

会社から内定が出たけど辞退したい……と、何らかの理由で入社を辞退したい気持ちが出てくることもあると思います。
今回は、内定を辞退するときのマナーや連絡の仕方などを紹介します。

内定が出たけど辞退したい内定後に入社を辞退したい場合に断ることはできるのか?

内定を辞退したい

内定が出たけど辞退したいときに、そもそも断ることができるのかという疑問があるかもしれません。結論からいうと、内定後であっても入社を辞退することはできます。

会社から内定が出たら、今度は就活生が会社を選ぶことになるのです。内定とは、その会社に入社する権利のことで、その権利を使って「承諾する」か「辞退する」かいずれかを選択します。

しかし、内定辞退をするタイミングや方法などには気を配りましょう。辞退するのであれば内定承諾書の提出前が望ましく、内定承諾書提出後でも法的な拘束力はありませんが、辞退したい場合はマナーをもって断るように心がけることをおすすめします。

内定後の辞退は企業にどのような影響を与える?

内定後の辞退は、入社予定の人数が変動するという影響を与えます。とはいえ、会社としては辞退が出ることを予想しつつ、多めに内定を出しているというケースもあります。

ただ、規模の小さい会社だと与える影響は大きいかもしれません。いずれにせよ、内定を辞退する場合は早めに対応を心がけましょう。

内定後の辞退は誠実な理由と迅速な対応で

内定を辞退したい

内定を辞退することはできますが、なるべくマナーを守った行動をとることをおすすめします。

内定の辞退を会社に伝える際はしっかりと誠実に、そして早めに伝えることが大切です。内定通知から1週間ほどで連絡をして、採用選考でお世話になったお礼とお詫びを伝えるとよいでしょう。内定を辞退する理由は具体的に述べる必要はなく、「検討の結果」という表現を使っても問題ありません。「他社に行くことした」と言ったとしても、社名まで伝える必要はないでしょう。

「内定辞退の連絡をしなきゃいけない」というストレスがずっとかかるのは望ましくないと思います。就活生と会社の双方にとって、早く連絡をして解決することをおすすめします。

他の会社への入社後に取引先やお客様として内定を辞退した会社と仕事をする可能性もあります。どこで縁が繋がるかわからないので、できる限り丁寧に対応することをおすすめします。

内定後の辞退はお断りメールor電話どっちがよい?

内定が出たけど辞退したいときは、メールよりも電話での連絡が適しているでしょう。電話のほうが早く連絡がつき、より丁寧な印象を与えられるからです。

電話をしてからメールを送りその後手紙を郵送するという人も、なかにはいるようです。ビジネスシーンでは、直接会ってお礼やお詫びをすることもありますが、就活生の心理的負担にもなりますし、会社担当者の時間をいただくことになるので、そこまでしなくても問題ないでしょう。

内定後の辞退はいつまでにするべきか

内定が出たけど辞退したいとき、入社する2週間前までには辞退の連絡を入れたほうがよいでしょう。わかり次第、連絡会社は配属先の準備に時間をかけているので辞退することを決めた時点で早めに行動して連絡をするべきでしょう。

採用選考を通して、会社の担当者とコミュニケーションをとったと思います。自分が会社の担当者だったらどんな気持ちになるかということを想像してみましょう。

内定後に辞退したら損害賠償を請求されるって本当!?

法律では入社する2週間前であれば会社側の同意なく辞退できます。また、入社まで2週間を切っていても、双方が合意すれば労働契約を解除できるでしょう。ただし損害賠償になりうるケースもあるので、早めの対応を心がけるべきです。

学校推薦の内定後に辞退すると後輩たちが危うい!

内定を辞退したい

学校推薦の内定後に辞退すると影響が大きいです。会社からの学校や推薦状を書いた教授への信頼がなくなり、今後同じ学校からの生徒を受け入れる体制がなくなるというリスクがあります。学校推薦を受けるかどうかは慎重に判断しましょう。

インターンでお世話になった会社に内定後の辞退をする場合

インターンとして受け入れてくれた会社への辞退では引き止められたり「一度話をしましょう」と面談を持ちかけられたりする可能性があります。

面談に行く際は採用選考を受けに行くように気持ちでスーツを着て身だしなみを整えたほうがよいでしょう。インターンのときの返却物が何かあるかもしれませんので、鞄は持って行くようにします。手ぶらだとフランクな印象を与えてしまうので気をつけましょう。

【転職の場合】内定後の辞退

転職の場合もなるべく早く誠意を持って内定を辞退する旨を伝えます。このときの対応がよくないと今後別の会社を紹介されにくくなるでしょう。

内定後の辞退はエージェントに伝える

転職エージェントを利用した場合の内定辞退はエージェントに電話やメールで伝えるのが原則です。エージェントを通さずに勝手に企業に辞退するのはルール違反になるので気をつけましょう。直接応募会社に連絡すると信頼関係が崩れてしまうことがあります。

まとめ

内定を辞退するときはなるべく早く電話連絡するのがベストです。採用選考に費やした時間やお金に対するお礼とお詫びを伝えましょう。

内定を辞退する理由は詳しく伝えなくてもよいですが、会社が納得するまで誠意ある対応を心がけるとトラブルなく話を終えられるでしょう。

学校推薦で受けた内定の辞退は大きな影響を与えるので、そもそも学校推薦を受けるかという判断は慎重に行うことをおすすめします。

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

内定・内定辞退の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]