「レギュレーション」とは? 言葉の意味や使い方を知っておこう

2018/12/04

ビジネス用語

「レギュレーション」と「ルール」の違いはご存知でしょうか? 今回「レギュレーション」とは、どのような意味を持った言葉なのか、またどのようなときに使われているのかを解説します。

レギュレーション

レギュレーションの意味とは

「レギュレーション」は、英語で「regulation」と書き、規則や法規、法令という意味があります。また、一般的にカタカナ語の「レギュレーション」は、規則、規制、制限や禁止事項といった意味で使われています。
「ルール(rule)」にも同じような意味がありますが、こちらは法規や法令という意味はありません。「レギュレーション」は、「ルール」よりも、法的で公的な意味合いが強い言葉となります。

日常での使い方

「レギュレーション」という言葉は、ニュースや新聞などで、規則や規定という意味で使われることがあります。また企業によっては、社内規定や就業規則を「レギュレーション」と呼ぶことがあり、ビジネス用語としても一般化しつつあります。
ただし、すべての決まりが「レギュレーション」にあてはまるのではなく、その内容によって「レギュレーション」なのか、「ルール」なのかに分かれます。「レギュレーション」は守るべきもの、「ルール」は決まりごと、といったニュアンスで覚えるとわかりやすいかもしれません。

ビジネスシーンでの使用例

IT、広告分野のレギュレーション

「媒体ごとに定められた仕様や規定」のことを表します。たとえば広告のロゴやバナーの色、サイズやデータ量、文字制限や禁止ワードなどです。細かな「レギュレーション」を作成することで、ブランドカラーや統一感を生むことができます。Webサイトの運営でも同様に、ガイドラインとなる「レギュレーション」を作成することで、コンテンツの品質を一定に保てたり、スムーズな運営を行ったりすることができます。

建築設計分野のレギュレーション

「建築設計を行う際の基準やマニュアル」のことを表します。たとえば都市や地域ごとの建築基準で建物の高さの制限があったり、安全基準が違ったりします。

ゲーム分野のレギュレーション

アミューズメント施設などでの「ゲームの遊び方」「施設の利用規約」などのことを表します。また、ゲームが本筋からそれないようにするために使われることがあります。

スポーツ業界のレギュレーション

スポーツ分野の「レギュレーション」は、その競技の運営に対する、すべての規則や規定を含みます。また「ルール」は、その競技自体の決まりごととして使われます。

F1のレギュレーション

F1の世界選手権では主に2つの「レギュレーション」があり、「スポーティング・レギュレーション」はレースを運営するための規定で、レースの内容などを決めています。もう1つの「テクニカル・レギュレーション」は、マシンの規格など、技術関係の規約となります。

まとめ

今回紹介したように、「レギュレーション」の内容は、シーンや業界・分野によってさまざまです。みなさんも「レギュレーション」と「ルール」の違いをきちんと覚えて、これからの就職活動や、社会人生活に役立ててくださいね。
(学生の窓口編集部)

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]