初志貫徹(しょしかんてつ)の意味とは?「初心を貫く」との違いもチェック

2018/09/07

ビジネス用語

「初志貫徹(しょしかんてつ)」とは、初めに心に決めた志を最後まで貫き通すこと。を意味します。説明のなかに四文字熟語のうちの3文字が入っているのでわかりやすいですね。「初志」は思い立ったときの最初の気持ち・志を表し、「貫徹」はやり通す、貫き通すことを意味します。

今回は、この「初志貫徹」を使う場面や似た意味の言葉などについてご紹介いたします。

初志貫徹(しょしかんてつ)の意味とは?「初心を貫く」との違いもチェック

「初志貫徹」を使った例文

誰でも、どんなことでも、なにかをやろう! と決めたときの最初の気持ちは強く、新鮮なものでしょう。しかし、鮮度というものは、食べ物と同じで時が経つにつれて落ちていってしまいます。「初志貫徹」は、そのような自然の摂理として、新鮮なまま貫き通すことが難しいからこそ生まれた言葉なのではないでしょうか。会社の標語として掲げられたり、スポーツマンが座右の銘としたり、好きな四文字熟語としてチョイスされることもよくあるので、耳することも多い言葉でしょう。

ここで、より理解を深めるために例文を紹介しましょう。

「幼稚園でバレエを習い始め、「白鳥の湖」の黒鳥を舞うことが小さい頃からの夢でした。ようやく、この舞台で夢が叶いました。「初志貫徹したよ」と幼稚園の自分に伝えたいです。」


「我が社も今年で創立20周年を迎えることができました。これからも新鮮な野菜をその日のうちに届けるという使命を忘れず、初志貫徹の精神を持ち続けます。」


「初志貫徹」の類語・同義語

初志貫徹の類語として、「初心を貫く」という言葉があります。意味はほとんど同じですが、少しニュアンスが異なる言葉でもあるのでその違いについて理解しておきましょう。

「初心」には、「何かしようと決心したときの純粋な気持ち」という意味があります。「初心」と書いて「うぶ」とも読みますよね。「志」にはある方向を目ざす気持ち、心に思い決めた目的や目標という意味があり、気持ちの強さを感じさせる言葉です。

よって、「初心を貫く」のほうは、思いの強さよりも純粋さを伝えるニュアンスのようが強く感じます。そのため、「貫徹」という強いイメージの熟語と組み合わせて使う言葉としてふさわしいのは「初志」のほうです。この2つの言葉が混ざってしまい「初心貫徹」という辞書にはない誤った言葉を使ってしまう人もいます。

英語で「初志貫徹」を表すとしたら?

初志貫徹を英語で表すとすれば、「carrying out one's original intention」となります。carrying outが「実行する」という意味で、carrying out+名詞で「〜を成し遂げる」という意味になります。ちなみにintentionは「意思」を意味する言葉です。

まとめ

入社前や入社したばかりのころに抱いていたあなたの「初志」はなんでしたか? 初心ではなく初志です。もし、なにも思い浮かばないようでしたら、いま取り組んでいる物事に対する初志を改めて考えてみてはいかがでしょうか。


・執筆:こにしこにし
編集者・ライター。広告代理店で約10年間営業を経験したのち、クリエイティブに転向。ハウスエージェンシーでのコピーライター、編集プロダクションでの編集・ライター職などを経て2018年2月フリーランスに。京都の観光記事や企業の採用ページのインタビュー記事などを手がける。

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]