「ご入用」の意味と使い方とは? ビジネス用語としての正しい使い方を例文付きでチェック!

2018/07/24

ビジネス用語

今回の単語は「ご入用」。お店などで商品を購入の際、「領収証はご入用ですか?」と聞かれたことはないでしょうか。ここでは、「ご入用」の意味と使い方を例文付きでご紹介します。

「ご入用」の意味と使い方

ご入用の意味

ご入用(ごいりよう)。必要なこと。「入用」に丁寧な接頭語「ご」がついた謙譲語です。簡単にいうと「ほしい、必要だ」ということ。自分に対してではなく、相手に対して「欲しいですか? 必要ですか?(もしそうならご用意できますよ)」という反応を促すものです。

また、「ご」を外せば自分にも使えます。「自分にとって必要なもの、欲しいもの」という意味になり、「この道具は私の仕事に入用です。」と表現します。しかし、最近はあまり使われなくなってきました。「必要です」で補えるからでしょう。 

ご入用の使い方と注意点

では早速使ってみましょう。お客様とお店の人というシチュエーションで多くみられます。

 例)

「領収証はご入用ですか?」(領収証が必要ですか?)

「はい、お願いします。」 

例)

「この商品はいつまでにご入用ですか?」(いつまでに必要ですか?)

「来週末までに用意していただきたいです。」

言い換える場合は「ご所望」「ご希望」そして「必要」などに置き換えることができます。

「領収証をご希望される場合はお申し付け下さい」

「この商品はいつまでの納品がご希望ですか?」

注意しましょう

耳で聞くと「ご入用」は「ご利用」と音が似ています。しかし意味は全く異なるため、文章ではなく、口頭で伝える場合には注意が必要です。なお、ご利用は「使ってもらうこと」を意味し、例えば以下のように用いられます。

例)

こちらのATMをご利用ください。(このATMを使ってもいいです)

「ご入用」を持ちかけるときは自分の側に用意があるときだけ使います。つまり「私は持っていますがあなたは必要ですか? もし欲しいなら差し上げます。」と言う意味。そのため、用意がないのに「ご入用」を使って聞いてはいけません。

間違い例)

「ギフト用の箱はご入用ですか?」

「はい、お願いします。」

「すみませんが、ありません。」

 「ご入用ですか?」と聞かれると相手は「はい」か「いいえ」でしか回答できません。こちらが持っていますと言う条件が前提なので、持っていないのに使うと意味が通りません。その場合は次のように、「ご希望」と言い換えましょう。

例)

「ギフト用の箱をご希望ですか?」

「はい、お願いします。」

「申し訳ないのですが、こちらではご用意がないため、あちらのカウンターへお願いいたします。」

「わかりました。」

 

まとめ

いかがでしたか。「ご入用」は最近あまり使われなくなってきました。おそらく耳で聞くと「ご利用」と似ていて紛らわしいからかもしれません。しかし、文章の上では今でもよく目にします。効果的に使って相手へのうやまいの気持ちを上手に表しましょう。

 

執筆:山河丸々(さんが まるまる)

海外で外国人に日本語を教えている兼業ライター。現在はアジア某国在住。日々生まれてゆく新しい日本語と、日本語能力試験に出る日本語との乖離に悩む。趣味はB級グルメ食べ歩き。

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]