ß

職務経歴書の職務内容の書き方は?【例文付き】

2018/06/12

入社準備

あえて記載しなくても良い内容

職務経歴書を書く際に、あえて書かなくてもいい内容もあります。ただし「書いてはいけない」という決まりはありません。

・退職理由

過去に勤務した企業を退職した理由をあえて書かないという考えもあります。特に転職の回数が多い場合、同じような理由で退職を繰り返していると「自分の会社に入っても、また同じ理由で辞めてしまうかもしれない」という印象を持たれかねません。

とはいえ、転職回数が多いことは使用者にとっては気になるところです。ネガティブな理由にならないよう、それぞれの退職についての理由を用意しておきましょう。例えば「給料が低かった」は「もっと大きい仕事をしたいと思った」など、他の言い回しがないか考えてみましょう。

・短い職歴

短期間の在籍では、その職種の基本的なスキルが身に付いていないこともあります。入社して3カ月もたたずに辞めてしまったなど、あまりに短い職歴は省略してもいいでしょう。ただし、職歴に空白の期間が多いと、その間何をしていたのか質問されます。

・これまでの職務で役に立っていない資格

現在はさまざまな資格があり、多くの資格を取得している人もいらっしゃいます。しかし、これまでの職歴で役に立っていない資格、転職先でも必要なさそうな資格については職務経歴書に書く必要はありません。まとめて履歴書に書いておけばいいでしょう。

・詳しい業務内容

職務経歴書では省略できる部分は省略して、あまり長くならないようにまとめたほうが読みやすくなります。特に業務内容はあまり具体的に書く必要がない部分です。特殊な仕事では説明が必要になることもありますが、基本的には箇条書きでも構いません。

・転職理由(志望動機)

志望動機については一般的な履歴書にも記入欄があり、そちらに書けば十分です。あえて職務経歴書に書く場合、ネガティブな表現は使わないように気を付けましょう。

次のページ職務経歴書に使える例文2パターン

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

新生活準備応援クーポン特集

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る