住宅手当の相場はどれくらい? 業種によっても異なる平均額をチェック

2018/04/11

給料・年収

住宅手当が支給される条件とは?

住宅手当が支給される条件は企業によって異なります。一般的には以下のような条件が設けられていることが多いです。

・会社から住居までの距離が指定の距離内か
・住宅が持ち家か賃貸か
・該当社員が世帯主かどうか

「会社から住居までの距離」については、例えば「○km以内」と距離が指定されていることがありますし、「電車で○分以内」と通勤時間が指定されていることもあります。この条件を満たす物件に入居する(住んでいる)場合に、手当が支給(補助)されます。

加えて、「住宅が持ち家か賃貸なのか」によって支給の可否が決まることもあります。前述のように企業によって、賃貸物件だけでなく住宅ローンに対しても補助が出る場合もあれば、「賃貸は補助するけど持ち家の場合は対象外」という場合もあります。

また、「該当社員が世帯主かどうか」は、例えば住居の世帯主が自社所属社員の親や配偶者だった場合に支給対象外になるケースがあります。これは、親や配偶者がすでに住宅手当を受けている場合の「二重取り」を防ぐためのものです。

この中でも特に「会社から住居までの距離」が支給条件であるケースが多く見られます。住宅手当が支給される企業に就職する際は、支給条件をあらかじめ調べておくと、引っ越しのときなどに役立ちます。

通常よりもお得な家賃で生活ができる住宅手当。制度の導入は会社の判断によるものなので、どの会社にも住宅手当があるわけではありません。しかし、もし支給される企業で働くことになったらぜひ有効に活用しましょう。

参考記事:『厚生労働省』「平成27年就労条件総合調査の概況」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/15/dl/gaikyou.pdf

(中田ボンベ@dcp)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]