「自己管理能力」の意味とは? 向上させるためにはどうすればいい?

2018/01/30

ビジネス用語


■「自己管理能力」を高めるためには?

「自己管理能力」を高めるには、小さなことから訓練していくといいでしょう。以下のようなことを取り入れてみてください。

●自己管理能力を高めるコツ1 達成可能な小さい目標を設定する

いきなり「年収1億円を達成して起業する」などの大きい目標を立てても、どうすればできるのかもわからず、挫折してしまいます。大きい目標を設定したら、まずはそれを小さく分けて、必ず達成できるレベルにしてから実践していくことです。

また、目標を立てるときには、「その目標を達成したら何が得られるか」を意識してみましょう。先の例なら「年収1億円」を達成してどうしたいかということです。旅行をするでも、家を買うでも構いません。目標(年収1億円)を達成するのが目的ではなく、達成してどうしたいか(旅行をする、家を買うなど)を考えてみましょう。こうすることで、目標に対してモチベーションを高いレベルで維持できると考えられます。

そうやって設定した目標は、必ず紙に書いておきましょう。自分の手で書き、見えるところに置くことで、しっかりと目標を認識できるようになります。

●自己管理能力を高めるコツ2 予定を立てる

小さい目標を立てたら、それを達成するにはどうすればいいか、そのためにはどのように行動すればいいかを考えて、予定を立ててみましょう。予定をしっかり消化することができれば、自然に目標達成に近づいていくはずです。予定どおりに動いているのに目標が達成できないなら、目標が大きすぎるか、小さい目標の立て方が目標と合っていないかのどちらかでしょう。

例えば、ある会社の営業職のAさんの月の契約目標が20本だとします。20本取るには1日1本の契約が必要、成約率が10%だとすると、1日に10件の営業を掛ければ1本成約して、月の目標を達成できるという計算が成り立ちます。あとは1日に10件営業するための予定を立てればいいわけです。

●自己管理能力を高めるコツ3 行動を記録する

予定を達成するためにどうしたか、達成できなかった場合、なぜ達成できなかったのかについて、記録を取っておきましょう。行動や結果を記録してデータを蓄積することが「管理」につながっていきます。

ビジネスパーソンにとって「自己管理能力」があることは基本的なことですが、高いレベルで維持するのは難しいと考えられています。ただ、人を管理する仕事に就くには必須のスキルです。大勢の人を使って大きい仕事をしたい人は、しっかり身に付けておくべきでしょう。

(藤野晶@dcp)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]