話のネタに困ったらどうする? おすすめの雑談ネタと会話のコツ

2018/02/06

対人マナー

相手の話を引き出す姿勢も大事!

相手の話を引き出す姿勢も大事!

豊富に話のネタがあっても、自分ばかり話しているとそれも尽きてしまいます。人と話すときには、聞き上手になることも大事なポイントです。相手の話をうまく引き出すことができれば、話が途切れる心配もなくなりますね。

聞き上手になるための基本テクニックは、相手の言葉について「聞き返す」ことです。例えば、相手が休みの日になにをしていたか話しているとします。

A「土曜日は映画を見にいったんだけど」
B「映画? どんな映画なの?」
A「『亜人』っていう邦画の大作で……」
B「『亜人』?」
A「知らない? 漫画が原作なんだけど」
B「漫画なんだ」
A「そうそう。けっこう人気のある漫画でね」
B「人気はかなりスゴイの?」

といった具合です。Bさんは基本、Aさんのしゃべっている言葉について聞き返しているだけですが、それだけでもAさんの話を引き出すことができています。相手の言葉を引くことで「聞いていますよ」というサインを送り、話者にさらなる話を促すという効果があるのです。もちろんそればかりを行っていてもいけないのですが、自分が深掘りできる話題、積極的に話せる話題になるまでこのテクニックを使うというのも一つの手です。

雑談力は自分の持つ話のネタの幅を広げることが基本ですが、人の話をうまく聞ける、引き出せることは、あまり親しくない人との雑談をうまくこなすためのコツでもあります。話のネタにあまり自信がない人は、聞くことに徹してみてはいかがでしょうか?

(高橋モータース@dcp)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る