入社してから業務内容にギャップを感じた人は18.4%! その理由は?

2017/08/10

社会人ライフ

<いいえと答えた人>
●聞いていた通り

・仕事内容は初めに聞かされていた(男性/44歳/その他)
・面接のときにかなりしっかりと聞き込みをしたので、ズレは感じていない(女性/32歳/自動車関連)
・想像がついていた仕事なので、とくに驚いたことはない(男性/34歳/学校・教育関連)
・業務内容がだいたい固まっているため、意外だと思った経験がない(男性/35歳/医薬品・化粧品)

●学校で学んだことや前職と同じで戸惑わなかった

・専門学校からそのままその職に就いているので(男性/49歳/医療・福祉)
・技術職なので、学校で実習などがあって、覚悟できていた(女性/50歳以上/医療・福祉)
・インターンで入っていたのでだいたいわかっていた(女性/42歳/情報・IT)
・前職も一緒だったから驚きはない(男性/38歳/その他)

今回のアンケートでは、入社後特に驚いたことはなかったという人の方が圧倒的多数でした。就活の際にミスマッチがないように、念入りに業務内容について確認した人が多いようです。

いかがでしたか? 少数派ではありますが、思っていたよりも厳しかったり業務内容に違いがあったりして苦労した人も見受けられました。これから就職するなら、ある程度どんな仕事が待っているか予測して仕事に臨む心構えは必要でしょう。ただ、それだけではなく、たとえ違いがあっても臨機応変に対応できる術も身につけておいたほうがいいのかもしれませんね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年7月
調査人数:社会人男女291人

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]