新入社員が失敗しがちな電話を掛けるときのミス8選

2017/04/25

電話・メール

相手の顔が見えない電話での対応は、その分失礼にならないようマナーには気をつける必要がありますね。ちょっとしたミスで、相手を怒らせてしまうこともあるかもしれません。そこで今回は、新入社員が失敗しがちな電話をかけるときのミスについて調査してみました。

▼こちらもチェック!
こんなミスにご用心!「仕事でやりがちな失敗」診断

●間違え電話を掛けたあとすぐ切ってしまう

・慌ててしまうから(女性/27歳/アパレル・繊維)
・間違った後きちんと謝罪せずに慌てて切ってしまうのは相手に失礼でマナー違反だと思った(男性/30歳/その他)
・一年目のときは動揺してしまってついやってしまうから(女性/46歳/その他)
・仕方ないが、もっと礼儀を(男性/27歳/学校・教育関連)

●焦ってしまって内容が伝わらない

・相手に聞き取りやすくしゃべる訓練ができていないから(男性/50歳以上/食品・飲料)
・わからないことはその都度確認しながらなので時間がかかる(男性/33歳/金属・鉄鋼・化学)
・用件をきちんと話せないで、要点がわからない電話になる(女性/42歳/情報・IT)
・1年目に限らず、話が長くなると何の話だったか忘れることは多い(男性/50歳以上/建築・土木)

●会話終了後に電話を先に切ってしまう

・マナーを知らないから(男性/47歳/金融・証券)
・焦っているのかと思う(男性/30歳/通信)
・ガチャ切りはまずい(男性/33歳/機械・精密機器)
・用件を済ませたと安心してしまうから(男性/37歳/その他)

次のページこんなミスもついついやっちゃう…

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

電話・メールの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]