​営業職経験者に聞いた! 新人営業のあるある失敗談8選

2017/04/14

社会人ライフ

4月に入社して新人営業マンとして営業部に配属された人もいるでしょう。まだ研修の毎日かもしれませんが、これから会社の花型としてすでにやる気満々の人もいるかもしれません。しかし、初めは慣れない営業、失敗してしまうことももちろんあるでしょう。一体どんなミスが待ち構えているのでしょうか? 実際に社会人の先輩に新人営業マンがやりがちな失敗について話を聞いてみました。

▼こちらの記事もチェック!
営業職社会人に聞いた、ぶっちゃけ営業って「辛い」「楽しい」どっち?! 5割が選んだホンネは……

■新人営業マンが必ず経験する失敗はどんなものだと思いますか?
●話しすぎてしまう

・あれもこれも話しすぎてしまい、プレゼンが長くなってしまう。あれもこれも伝えたいという気持ちはわからなくもないが、決められた時間内でまとめてアピールすることも仕事の一つだから(男性/35歳/食品・飲料)
・相手が必要とする以上のことを話してしまうこと。相手先の人がめんどくさそうな顔をしていた(男性/47歳/金融・証券)
・自分だけがしゃべってしまう。空回りだと思う(男性/44歳/商社・卸)
・話しすぎるのはよくない(女性/25歳/金融・証券)

●セールスポイントをアピールしすぎ

・クライアントにとってベストな提案をできなくなってしまい、商談が成立しなくなってしまうから(男性/50歳以上/不動産)
・売ることだけの話になってしまう(男性/50歳以上/その他)
・セールスポイントがずれている。商品知識が浅く、お客様のニーズもきちんと把握しきれていないまま暴走する(女性/38歳/食品・飲料)

次のページほかにもやりがちなこんな失敗が!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集





    ピックアップ [PR]