若手と言えるのは社会人何年目まで? 社会人が思う年次ランキング!

2017/04/14

社会人ライフ

●第4位「2年目」

・慣れてきて、でもまだ油断できない位置だと思う(女性/25歳/小売店)
・2年目までは少しの失敗なら許せる(女性/43歳/その他)
・3年目ぐらいから、責任のある仕事が増えてきたので(男性/28歳/情報・IT)
・3年目からは中堅社員だとおもう(女性/42歳/情報・IT)

●第5位「4年目」

・一通りの仕事ができてから(男性/30歳/医療・福祉)
・仕事をできるからなので(男性/26歳/団体・公益法人・官公庁)
・20代後半になったら周りはそうは思わなくなるから(男性/28歳/印刷・紙パルプ)
・5年目になって自分自身がそうだと思ったから(男性/27歳/運輸・倉庫)

1位は3年目という回答でした。3年が1つの節目でそれ以降は若手として見てもらえないという意見が多かったです。4年目からはもう「若手」だと思ってもらえないところもあるかもしれません。

いかがでしたか? 仕事にも慣れて、後輩もできるので、3年目までくらいしか若手とは思ってもらえなくなるようです。働く年数を重ねるたびに仕事に対する責任も増えていくでしょう。本音はいつまでも「新人」「若手」でいたいと思う人も多いかもしれませんが、何年目でも与えられた仕事に対して熱心に取り組んでいきましょう。

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年4月
調査人数:社会人男女264人

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る