1年目でたくさん失敗した社員と成功を収めた社員、どっちのほうが将来期待できると思う? 社会人に聞いてみた

2017/03/16

付き合い・人間関係

●1年目で成功を収めている社員

・成功の仕方を知っているほうがいい(女性/29歳/生保・損保)
・やはり最初からできるひとはずっとできているので(女性/25歳/団体・公益法人・官公庁)
・普通に考えて、失敗だらけの人のほうがより成功するとは考えない(女性/33歳/学校・教育関連)
・失敗から学ぶなんて綺麗事に過ぎないから(男性/23歳/食品・飲料)
・失敗しまくっているのはどうかと思うので(男性/30歳/学校・教育関連)
・失敗する人は何度も失敗を繰り返してしまうから(男性/47歳/自動車関連)
・成功している方が先は見えると思う(男性/32歳/情報・IT)
・できることでモチベーションが高くなり自分で向上していける可能性が高いので(男性/30歳/電機)

意外にも、結果は半分に分かれました。失敗の程度にもよりますが、失敗した経験は成功のことだと考えている人が少なくありませんでした。

社会人として仕事をする上で、失敗を恐れていては何もできません。失敗からしっかり学んで、なるべく早い段階でそれを成功へとつなげていきたいものです。経験を糧にすることで立派な社会人にステップアップしていきたいですね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年2月
調査人数:社会人男女189人(男性122人、女性67人)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

付き合い・人間関係の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]