生命保険料控除とは? 知らなきゃ損する仕組みをわかりやすく解説

2018/06/20

税金の知識

■住民税についての控除金額は?

「住民税」における控除金額は下のようになっています。

●生命保険料控除の金額(平成24年1月1日以後に締結した保険契約の場合)

年間の支払い保険料 ⇒ 控除額
1万2,000円以下 ⇒ 支払い保険料の全額
1万2,000円超 3万2,000円以下 ⇒ 支払い保険料 × 1/2 + 6,000円
3万2,000円超 5万6,000円以下 ⇒ 支払い保険料 × 1/4 + 1万4,000円
5万6,000円超 ⇒ 一律2万8,000円

●生命保険料控除の金額(平成23年12月31日以前に締結した保険契約の場合)

年間の支払い保険料 ⇒ 控除額
1万5,000円以下 ⇒ 支払い保険料の全額
1万5,000円超 4万円以下 ⇒ 支払い保険料 × 1/2 + 7,500円
4万円超 7万円以下 ⇒ 支払い保険料 × 1/4 + 1万7,500円
7万円超 ⇒ 一律3万5,000円

住民税の控除適用限度額は「7万円」です。こちらも金額に上限がありますのでやたらに保険に加入するのは考えものです。生命保険料控除が適用されると確かに税金は安くなりますが、節税効果にだけ注目するのはいけません。生命保険に加入する際には、その保険が本当に自分に必要かをよく考えて決めることをおすすめします。

生命保険料控除とは何かを解説しましたがいかがでしたでしょうか。生命保険料控除の項目を書くためには、10月下旬から11月中旬にかけて送られてくる「生命保険料控除証明書」が必要です。こちらを忘れずに持っていてください。生命保険料控除の仕組みをしっかり理解して、損をしないようにしましょう!

⇒『国税庁』の 「生命保険料控除」
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1140.htm

▼社会人なら知っておきたい税金の仕組みって? こちらもチェック!
欠勤控除とは? 制度の概要と計算方法
https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/51980
「扶養」とはどういう意味? 扶養控除内の金額は?
https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/52233

(高橋モータース@dcp)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

税金の知識の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]