使いどころは?「ご賢察」の正しい意味や使い方をわかりやすい例文で解説 【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

2016/12/13

電話・メール

「ご賢察」は、どんな場面で使用される言葉なのでしょうか? 一人前のビジネスマンであっても、使ったことがないという人や、いまいち意味がわからないという人は多いかもしれません。どことなく、堅苦しい響きのある言葉ですよね。「ご賢察」の意味や使い方の例文を交えてわかりやすくご紹介します。

▼こちらもチェック!
【例文つき】もう間違えない! 定番ビジネス敬語一覧 ビジネスで使える敬語25選

■「ご賢察」の意味

「ご賢察」は「ご」がついていることからわかるように、相手を敬いたいときに使う言葉です。目上の人が「推察すること」や「配慮」をする際に用いる敬語表現となります。「ご賢察ください」で「どうかお察しください」と、同じ意味の言葉となります。上司や目上の人に自分の事情を理解してもらいたいときに使用されやすいことが特徴です。「ご賢察」とよく似た雰囲気の言葉に「ご高配」があります。「ご高配を賜り」と、いう言葉は「ご配慮いただき」と、いう意味で、ビジネス文書などに使用されることがありますが「ご配慮いただき」よりも幾分大仰な雰囲気があるため、使う場所を選ぶかもしれません。「ご賢察」も「ご高配」も、特別に敬いたい相手に使用すべき言葉だといえます。

■「ご賢察」の正しい使い方

「ご賢察」と、いう言葉は、自分が目上の人に配慮して欲ほしい旨を願い出る際に使用します。「ご賢察」は、口頭で用いるにはだいぶ堅苦しい表現です。そのため、相手に対して相当の敬意を払いたいときに使用すべき言葉かもしれません。相手を敬う気持ちが大きいと、つい最上級の表現を用いることが正しいと思われがちですが、たとえ目上の人であっても、使用の方法しだいでは慇懃すぎて感じられることもあるかもしれないことを留意しておきましょう。しかし、丁寧な表現であることには間違いないため、例えば、高名な学者や博士のような見識が豊かな人物に意見を求める際などには、積極的に使用したい言葉であると考えることができます。

次のページ「ご賢察」を含むわかりやすい例文をチェック!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

電話・メールの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]