使いどころは?「ご賢察」の正しい意味や使い方をわかりやすい例文で解説 【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

2016/12/13

電話・メール

■「ご賢察」を含むわかりやすい例文


・「事情をご賢察の上、ご意見を賜りたくどうかよろしくお願い申し上げます」
目上の相手や専門家などに意見を求める際を想定した例文です。「事情をお察しの上」と、いう言葉に言い換えることもできます。

・「ご賢察の程、何卒よろしくお願い申し上げます」
目上の相手に何かを頼むとき、文末に締めとして使われることが多い文章です。事情を察した上で、考えを変えてくれるように、あるいは大目に見てくれるようにお願いするときにしばしば使用されることがあります。

「ご検察」は普段使い慣れない言葉であるだけに、使う場所が思いつかないという人も多いかもしれませんね。「ご賢察」を使う相応しい場面をうまくイメージすることができれば、使いやすいのではないでしょうか? 目上の人の配慮や考えがほしいときなどに用いることが多い言葉だと覚えておくといいでしょう。

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

電話・メールの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る