「ご教示願います」の意味は? 「ご教授」との違いと使い分けを知ろう

2018/10/02

電話・メール

■「ご教示」との違いは? 「ご教授願います」の意味

「ご教示願います」と似ている言葉として、「ご教授願います」という表現もあります。
「ご教示」が比較的簡単な手順や内容、方法や知識を教えてもらうときに使われるのに対して、「ご教授」はそれより長いスパンで継続的にものごとを教わっていくときに使われると認識しておくと使い分けしやすくなります。

■「ご教授願います」のビジネスシーンでの使い方と例文

「ご教授」は、スキルや技術を磨くための指導をお願いする場面で「〇〇をご教授ください」「〇〇をご教授願います」といったかたちで使われます。
実際に「ご教授願います」を使った例文をいくつか紹介します。実際にビジネスメールなどを送る際に参考にしてみてください。

<例文>
・今後とも末永くご教授いただけますと幸いです。
・先輩に5年に渡ってご教授いただいたおかげで一人前になれました。
・貴社で培われた生産技術のノウハウを、ぜひ弊社にもご教授ください。

■「ご教示」「ご教授」の意味と使い方 まとめ


「ご教示願います」「ご教授願います」のそれぞれの意味と使い方を例文付きでご紹介しました。ご教示とご教授は似た言葉で、どちらにも「教えてください」の意味がありますが、この2つの正確な意味の違いを認識すると、使い分けるべき場面が多く存在することに気づくことができると思います。混同して使うと相手が違和感を覚えることもあるかもしれないので、気を付けて使いましょう。

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

電話・メールの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]