「お納め下さい」の意味や使い方は? ビジネスメールの例文もチェック! 【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

2016/12/12

電話・メール

■「お納め下さい」の使い方を例文で確認


・「記念の品を用意いたしましたので、どうぞお納め下さい」
目上の人なども集まる記念式典の場面を想定した例文です。帰り際に渡すお土産を「持って帰って下さい」と、いう意味で使用します。

・「図書カードを同封いたしましたので、どうかお納め下さいますように」
封書などで贈り物を贈る際に添えるメッセージカードの一文を想定した例文です。お詫びの品を贈る際にも「お納め下さい」は利用できます。お詫びの言葉とともにお詫びの品を持参する際などは「心ばかりの品ですが、どうぞお納め下さい」と、いう言葉を添えて渡すと丁寧です。

「お納め下さい」の意味や使い方を知っていると、社会人の常識として役に立ちます。反対に間違って使用してしまうと常識が足りないと思われてしまうため、注意しましょう。「お納め下さい」と、言われて品物を受け取る際の返答として「頂戴いたします」と、いう言葉もあわせて覚えておくようにしましょう。

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

電話・メールの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集





    ピックアップ [PR]