どんなときに使う?「ご容赦ください」の正しい意味や使い方を例文付きで解説 【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

2016/12/11

電話・メール

ビジネス文書やビジネスメールの中に登場することが多い一文に「ご容赦ください」があります。文書やメールの正確な意味を理解したり、ビジネスで正しい日本語を使用するためには、正しい意味や使い方をおさえておくことが重要です。一体、どのように使用することが正しいのでしょうか? 例文を交えながら解説していきます。

▼こちらもチェック!
【例文つき】スグ使えるビジネス用語・カタカナ語80選! ビジネスシーンに頻出の用語一覧

■「ご容赦ください」の意味

「ご容赦ください」には、過失に対して「大目に見てほしい」という意味が込められています。自分のミスに対して相手に「どうか許しくてください」と、願いを込めて用いられることが多い言葉です。日常でも「容赦しない」や「容赦のない」と、いう表現で使用されます。
「容赦」と、いう言葉を分解してみると、受け入れるという意味のある「容」という意味の漢字と、相手を許したり大目に見るという意味のある「赦」という言葉が合体していることがわかります。より丁寧な印象を与えるためや、自分の過失を悔やんでいる態度を認めてもらうために丁寧語である「ご」を頭につけています。「ご容赦ください」は「私の失敗をどうか許してほしいのです」と、いう意味がある言葉なのです。


■「ご容赦ください」の正しい使い方

「ご容赦ください」は、許してくださいという願いが込められた言葉です。失敗してしまったことを詫びる意味がありますが、自分の過失を謝りたいときには「申し訳ございません」と、いう言葉が相応しいといえます。「ご容赦ください」と似たような意味で使われやすい言葉に「ご了承ください」がありますが、こちらは非礼や過失を詫びるような意味合いはあまりないため、間違えて使用してしまうと配慮が足りないと感じられてしまうため、注意しましょう。

次のページ「ご容赦ください」の使い方の実例をチェック

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]