「拝受」「拝受いたしました」の正しい意味と使い方 【例文付き】

2018/01/30

電話・メール

■「拝受」「拝受いたしました」を含むわかりやすい例文

・「発注書を送付しました」に対する返事として「拝受します」

「拝」が付く表現には目上の人に対する敬う心が表れています。身近な人や親しい人に使用するとおかしな表現に聞こえる場合もあるため、ここ一番で印象付けたいときに使用するほうが無難な場合も。

・「よろしくご査収ください」に対する返事として「拝受いたしました」

「ご査収ください」には「受け取ってお調べください」と、いう意味が込められています。ビジネスメールの締めの一文として使われていることが多くみられますが、日常会話にはあまり登場しない言葉ですよね。そのため「ご査収ください」の返事として「承知いたしました」と、返信してしまうことが多いという人もいるのではないでしょうか? 例文のような「受領しました」や「拝受いたしました」がより正しい使い方です。

「拝受」「拝受いたしました」についてご紹介しましたが、誤った使い方をしていませんでしたか? ビジネスシーンでは意外に間違って使われている敬語がたくさんあります。これを機会に、自分が使用している敬語が正しいのか見直してみてはどうでしょう。

「ご健勝」「承服」「拙宅」……ビジネスでは普段なじみのない敬語を使うシーンがたくさんありますね。間違って使ってしまうと、ビジネスマナーのなっていない人と思われてしまう可能性も……。ビジネスシーンで頻出の敬語をチェックしましょう!

▼こちらもチェック!
【例文つき】もう間違えない! 定番ビジネス敬語一覧 ビジネスで使える敬語25選
https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/44376

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

電話・メールの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]