社会人の常識! 敬語「申す」の正しい使い方とは 【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

2016/12/11

対人マナー

「申す」「申し上げる」の例文


上記でも例文を紹介していますが、もう少し詳しく例文を見ていきましょう。誤った使い方をしている場合は、言い換えの例を参考にしてみてくださいね。

<「申す」の正しい使い方の例文>
・「部下の○○と申すものがおじゃまいたしますので、よろしくお願いいたします」・社外の人に「課長が申しておりました」
社内で敬意を表す対象となる課長でも、社外に対しては謙譲語を使用しなければなりません。

<「申す」誤った使い方の例文>
☓相手が何かしら述べた後で「と、申しますと?」
○「と、おっしゃいますと?」

<「申し上げる」の正しい使い方の例文>

・「平素より格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます」
・「御社の△△部長に、弊社の○○が申し上げた通りです」

<「申し上げる」の誤った使い方の例文>
☓「部長にも申し上げておきます」
○「部長にも申し伝えておきます」

「申す」「申し上げる」についてご紹介しましたが、誤った使い方をしていませんでしたか? ビジネスシーンで多用される誤りは「申す」「申し上げる」だけではありません。これを機会に、自分が使用している敬語が正しいのか見直してみてはどうでしょう。

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

新生活準備応援クーポン特集

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る