「ご無沙汰しております」の意味と正しい使い方 【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

2016/12/10

電話・メール

■「ご無沙汰しております」の使い方の実例


それでは、ビジネスで使われる「ご無沙汰しております」の実例を見ていきましょう。
<例文>
・「長い間、ご無沙汰しております。この度は、貴重なお時間を作っていただきありがとうございます。」
・「ご無沙汰して申し訳ありません。」
このように、「ご無沙汰しております」は、単に挨拶をするだけではなく、挨拶する相手に対して謝罪の気持ちが込められている表現になります。

「ご無沙汰しております」という言葉は、どんなときに使えばよいのか、正しい使い方を確認していただけましたか? ビジネスで久しぶりに連絡を取る場合、久しぶりに会う場合にコミュニケーションを円滑に進めるのは難しいこともあるでしょう。そんなときに役に立つのが、この「ご無沙汰しております」という表現です。相手との会話が弾み、ビジネスの流れがスムーズになるよう、上手に活用してみませんか?

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

電話・メールの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]