フレッシャーズ マイナビスチューデント-学生のための社会人準備応援サイト

大卒初任給の平均ってどのくらい? 手取りはどうなるか計算してみた

2016/12/06

お金の知識全般

大卒初任給の平均ってどのくらい? 手取りはどうなるか計算してみた

みなさんは、社会人1年目の人が最初にもらえるお給料、いわゆる初任給は平均でいくらぐらいなのか知っていますか? 春から新社会人になるみなさんは、まだ初任給と手取りについて知らない人も多いかもしれませんね。そこで今回は、新社会人になる前に知っておきたい、大卒の初任給、そしてその手取りについてご紹介します。

▼こちらもチェック!
【給与明細のトリセツ】よく聞く控除って何? 給与明細の正しい見方を知ろう

■大卒の初任給の平均は20万3,400円!

2016年11月17日に発表された厚生労働省の「平成28年賃金構造基本統計調査」の結果によると、大学卒の初任給(6月分)の平均は、

・20万3,400円

となっています。大卒初任給の額は年々増加しており、2012年(平成24年)の19万9,600円と比べると3,800円も上がっています。さてこの初任給ですが、この額面どおりのお金がもらえるわけではありません。ここから「さまざまなお金」が引かれた金額を受け取ることになります。そのさまざまなお金ですが、以下のようなものがあります。

<給料から引かれるもの>
・健康保険料……医療保険です。会社と半額ずつ負担します。
・厚生年金保険料……年金をもらうための掛け金。これも会社と半額ずつ負担します。
・雇用保険料……失業給付などを受けるための保険です。
・所得税源泉徴収……給料に掛かる税金です。
・住民税……自分の住んでいる自治体に納める税金です。(※住民税は社会人2年目から課税させるので初任給からは引かれません)
※他に年齢によって「介護保険料」などが差し引かれることもあります

先ほどの初任給から、これらの保険料や税金を差し引いたものが実際に支給されることになります。もろもろ引かれる前の金額が「総支給額」、そして差し引かれた後のものは一般的に「手取り」と呼ばれています。給与面の待遇をチェックする際は、ここに気を付けましょう。

ちなみに健康保険料と厚生年金保険料は、前月分を次月分の給料から差し引く仕組みになっています。そのため社会人1年目の場合は5月分の給料から差し引かれるケースがほとんどでしょう。また、住民税も前年の収入を基に計算しているため、1年目は差し引かれません。

Icn nextpage次のページ:大卒初任給が20万の場合の手取りはどうなる?

関連キーワード:

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

お金の知識全般の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

    新社会人白書

    ピックアップ [PR]