よく聞くフィックスの意味とは? ビジネスシーンでの使い方と例文【スグ使えるビジネス用語集】

2016/12/15

ビジネス用語

■フィックスの具体的な使い方を例文で確認


具体的にフィックスの使い方を見ていきましょう。

・「設計図はこれがフィックスということになりました」
・「最終納期は25日フィックスでお願いします」

フィックスは最終決定という意味で使われるので、「フィックスで」という言葉が入ったら、変更は受け付けないという意味になります。設計図や請求書などはもちろん、日程でもフィックスされたものは「変更は受け付けない」という意味になりますので、フィックスと言われたものに対し変更を求めるのはNGです。

会話で使う場合は、

社員A「どの図面でフィックスされましたか?」
社員B「こちらの修正案がフィックス版です」

このように使います。この場合は、この修正案が最終決定案である、という意味になります。

ビジネス用語としてのフィックスは「最終決定」という意味なので、フィックスという言葉が使われたらこれ以上の変更はない、ということになります。確定度合いが最も高いものに対して使いましょう。IT用語としては「修正する」という意味があります。どちらの意味で使うかは、業界によって異なりますので、フィックスには2つの意味があることを知っておきましょう。

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る