よく聞くフィックスの意味とは? ビジネスシーンでの使い方と例文【スグ使えるビジネス用語集】

2016/12/15

ビジネス用語

横文字のビジネス用語は慣れていないと、とっさに意味が出てこず、戸惑ってしまうことも多いもの。フィックスは英語のfixそのままの意味なので、推測しやすい用語ですが、円滑なコミュニケーションのためにも正しい知識を持つことは大切です。そこで今回は、ビジネス用語としてのフィックスの意味と使い方についてご紹介します。

▼こちらもチェック!
社長?それとも平社員? あなたの出世力診断

■ビジネスで使う場合の「フィックス」の意味

フィックスは英語で「固定する」「決定する」といった意味がある動詞です。他にも多くの意味を持つ単語ですが、ビジネス用語で使う場合は「固定」「決定」の意味で使われるのが一般的。「これはフィックス事項」「これがフィックス版」というように表現する場合は、すでに決定しており、決定内容は覆らない、という意味になります。
またフィックスには「修正する」するという意味もあり、IT用語ではプログラムの修正をフィックスと呼ぶこともあります。

■どんなシチュエーションで使う言葉?

ビジネス用語のフィックスは、日本語にすれば「最終決定」という意味を持つので、さまざまなシーンで使える言葉です。たとえば会議などで決定したことについては「これはフィックス事項です」と言うことができます。意思決定されたものなので、その内容は覆ることはない、という意味も含んでいます。
また、スケジュール調整で動かせないもの、双方で合意したもの、変更できない条件などに関してもフィックスは使えます。ドキュメントや設計書などの書類に関して、チェックが完了し決定稿となったものを「フィックス版」と呼ぶことも。こちらも最終稿なので、これ以上の変更はない、という意味を持っています。そのため、「これがフィックスですか?」という問いかけをすれば、その内容がどの程度固まっているものなのかの確認もできるわけです。

次のページフィックスの例文をチェック!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集





    ピックアップ [PR]