ビジネスシーンでのリソースの意味と使い方! 例文を使って解説【スグ使えるビジネス用語集】

2016/11/25

ビジネス用語

■リソースの例文


リソースの使い方を、例文を使って解説していきます。
例文1:明日はリリースがあるのでリソースを充分に確保してください。
例文2:プロジェクトのリソース不足を補う

例文1では、あるプロジェクトのカットオーバーが明日あるため、最初はアクセスがサーバーに集中することが予想されています。CPUや、メモリ、DBの割り当てや、アプリケーションやウェブのセッション数を充分に確保し、過負荷な状態を避けるようにしてほしいという依頼内容です。

例文2では、プロジェクトで不足している資源を補うという意味で、人員の場合もあるでしょうし、資金の場合も考えられます。または、場所や物品の可能性もあるでしょう。

いかがでしたか? リソースとは、コンピューター関連の意味とは異なる意味が、ビジネス用語として存在します。置かれたシーンによって、リソースの指し示すものが異なるので、状況把握はしっかり行うようにしましょう。

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る