今さら聞けない!「リスケ」の意味と使い方【スグ使えるビジネス用語集】

2016/11/25

ビジネス用語

■リスケの具体的な使い方


では、リスケの具体的な使い方を見ていきましょう。

・「納期について、相手にリスケを相談したいのですが」
・「会議の時間が変更になったから、リスケしておいてください」

スケジュールを組み直す、という意味で使うので、急な予定変更が入ったときに使います。ネガティブな意味合いと、使う相手を選ぶことから、顧客や取引相手ではなく、身内で使う社内用語に近い使い方が一般的です。

・「銀行にリスケを相談することにした」

この場合は、銀行側と返済計画を見直すという意味。企業でも個人でも返済が苦しくなったときには、金融機関に返済金額や期間について相談や交渉をすることができます。金融機関が絡むときに使うリスケは、「返済計画の見直し」という意味合いになります。

リスケには「スケジュールの組み直し」と「返済計画の見直し」という2つの意味があります。使われるシーンで意味合いが異なってくるので、注意しましょう。またネガティブな意味合いを持つ言葉なので、使う場合は社内や友達など、身内のみに限り、顧客や取引相手など大切な相手に使うのは控えておきたい言葉です。正しく使って、コミュニケーションを円滑にしましょう。便利なワードなので、ぜひ取り入れてみてください。

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る