ビジネスでよく耳にする「ボトルネック」の意味とは? 知っておきたいボトルネックの使い方と例文【スグ使えるビジネス用語集】

2021/12/30

ビジネス用語

【例文アリ】「ボトルネック」の使い方

実際に「ボトルネック」がどのような場面で使用されるのでしょうか。

「ボトルネック」という言葉が飛び交いやすい設計や生産の現場、会社の営業や企画などの場面における使い方を一度確認しましょう。

設計や生産の現場での例文

上記のように、情報システムや生産工程の流れをせき止めるような影響を及ぼし、全体のスピードや生産量を低下させる場合「ボトルネックになる」というように使われることがわかります。

会社の営業や企画などの場面での例文

会社の営業や企画などの現場の場合、物事を進める上で障害となるものや要因に対して「ボトルネック」が使われています。

「ボトルネックの解消」に必要なのは問題点の解決や改善

どのような分野や業界においても何か問題が発生した場合は、「ボトルネック」の洗い出しが重要です。

社会人になったら、自身で問題の解決を迫られる場合がやってきます。

例文からも分かるように、「ボトルネック」になっていることを解決・改善することで、問題点も解決・改善できることがわかるのではないでしょうか。

「ボトルネック」は人に対して使われることも

ここまでご紹介した「ボトルネック」は、物事や問題点に対して使われていましたが、「ボトルネック」は人に対しても使われることがあるようです。

人に対して使う「ボトルネック」は、

・仕事ができない人

・仕事ができすぎて忙しい人

・視座が全くちがう人

という人に使われ、当てはまる人を「ボトルネックの人」と呼ぶのだとか。

「仕事ができない人」が業務上の「ボトルネック」になることは想像しやすいかもしれません。

しかし、「忙しい人」や「視座が違う人」も、周囲を振り回すリスクがあるという意味で「ボトルネック」と呼ばれるようです。

「ボトルネックの人」は自身で気が付いていないケースも多いようなので、社会人のみなさんはこの記事をきっかけに「自分がボトルネックの人になっていないか」を意識しながら業務にあたることをおすすめします。

まとめ

今回は「ボトルネック」の意味や例文・使い方についてご紹介しました。

日本語の場合、物事の流れを遅くしたり結果を悪くしたりするような要因や障害が「ボトルネック」として使われていることがわかります。

「ボトルネック」はビジネスだけでなく普段の生活の中でも使用できるシーンが多くあるので、ぜひ使ってみてくださいね!

文・マイナビ学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]