「バッファ」の意味とは? 使い方を例文つきで解説【スグ使えるビジネス用語集】

2017/04/21

ビジネス用語

■バッファの使い方を例文で確認


では具体的にバッファの使い方を見ていきましょう。
・「日程にバッファを取ってありますか?」
・「予算はバッファを含めた金額にしてあります」

この場合は「余裕を持たせる」という意味で使っています。日程にしろ予算にしろ、ゆとりがある場合にはバッファがある、という表現が可能です。

上司:「新人だけでは不安だから、君がバッファとしてついていきなさい」
社員A:「わかりました」

役割としてバッファを求められたら、余力を作るためのサポート役になれという意味になります。

バッファの意味と使い方についてご紹介しました。バッファはもともと、パソコンの処理がスムーズに進むよう確保された余力スペースのことです。ビジネスで使う場合は、そのイメージで、物事をスムーズに進めるための余力、余裕という意味で使われます。ビジネスを円滑に進めるために、「バッファ」を上手に使っていきましょう。

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]