今さら聞けない!デフォルトの意味と使い方 例文つきで解説【スグ使えるビジネス用語集】

2016/11/27

ビジネス用語

ビジネスシーンだけでなく、ネット上やニュースなどでも耳にする「デフォルト」。よく聞く言葉ですが、意味が複数あるため、正しく知らないと「あれ?」と思ってしまうこともしばしば。意味をはき違えると、コミュニケーションにも支障をきたす可能性があります。そこで、今回はデフォルトの意味や使い方についてご紹介します。

▼こちらもチェック!
仕事とプライベート両立できる?「ワーク・ライフ・バランス度」診断

■デフォルトの意味とは?

デフォルトには大きく分けて3つの意味があります。
1つ目は「債務不履行」という意味。たとえば、新聞の見出しに「ギリシャ、デフォルトの危機」とあれば、金融危機に陥って債務不履行になりそうだ、という意味になります。
2つ目は「初期設定値」で、ソフトなどの初期設定値のこと指します。これから転じて、「定番」「普通」という意味が3つ目の意味です。
ビジネス用語で使う場合は、金融とそれ以外では意味合いが異なりますので注意しましょう。また、デフォルトを略して「デフォ」ということもあります。

■デフォルトはどんなときに使う言葉?

デフォルトは、金融なら「債務不履行」、パソコンなどのソフトなら「初期設定値」、それ以外で使うときは「普通」「仕様」という意味になります。金融関連でデフォルトとあれば、文字通り債務不履行という意味です。
パソコンのソフトや計算書など、あらかじめ数値が設定してあるものもデフォルトといい、必要に応じて数値を変えることをカスタマイズといいます。一般的に、入手したばかりのソフトや見積もりなどのフォーマットは、初期設定の数値なので、デフォルト状態です。
それで以外では、「彼はいつも遅刻する」なら「彼の遅刻はデフォルト」のように、普通、または仕様という意味で使われることもあります。

次のページ「デフォルト」の例文をチェック!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]